ニュース
» 2018年04月13日 10時00分 公開

スタイリッシュで強そう! ホワイトロリータの包み紙で作ったロボットが感動レベルのかっこよさ

少年の心をくすぐりまくるやつや……。

[ひーこ,ねとらぼ]

 ホワイトロリータの包み紙を使ったロボットがかっこよすぎると話題です。作ったのは造形師・カミロボ作家の安居智博(@kami_robo_yasui)さん。




ホワイトロリータカミロボ1枚目 本当にあのホワイトロリータなのか……!?

 ブルボンのホワイトロリータといえば、半世紀以上愛されている定番のお菓子。「包み紙を厚紙に貼って針金でつないでカミロボにしました」って簡単そうに言いますけど、すごい技術ですよ……。


ホワイトロリータカミロボ2枚目 制作風景


ホワイトロリータカミロボ3枚目 これがあのロボットに


ホワイトロリータカミロボ4枚目 顔と胸のロゴがキマってる

 頭のキャンディ包みの部分が髪の毛のようになっていて、お茶目なデザインですね。写真がTwitterに投稿されると一気に拡散され、「かっこいい」「強くて優しそう」「これ絶対『ホワイトロリータ』って名前のスタンドだ」など絶賛のリプライが集まりました。







 紙製のロボット「カミロボ」を安居さんが作り始めたのは、小学生のころだといいます。作品の総数はなんと600体以上。2006年には「世界が尊敬する日本人100」に選出されるなど、多方面から高く評価されています。そんな安居さんのTwitterには、日々さまざまな材料・形状の自作ロボットが投稿されています。


神奈川沖浪裏カミロボ 「葛飾北斎の富嶽三十六景『神奈川沖浪裏』のポストカードを細かく切って針金でつないでカミロボにしました」(安居さん)


初心者マークカミロボ 「初心者マークを細かく切って針金でつないでカミロボにしました」(安居さん)


歌舞伎の隈取カミロボ 「歌舞伎の隈取が刷られている和紙がとてもきれいだったので、裏を補強してヤスイ締めで繋いでカミロボにしてみました」(安居さん)


画像提供:安居 智博(@kami_robo_yasui)さん


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう