ニュース
» 2018年04月13日 13時48分 公開

海賊サイトブロッキング、対象は「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3サイト 法整備に伴い“静止画ダウンロード違法化”も視野に

「Anitube」はTwitterのトレンドワードにも入るなど話題に。

[ねとらぼ]

 政府が4月13日に発表した「海賊版サイト対策」において、ブロッキング対象となるサイトが「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3サイトであることが分かりました。同日公開された知的財産戦略本部の議事録によると、上記3サイトのほか、類似サイトの出現も想定し、「これと同一とみなされるサイト」もブロッキング対象としています。



漫画村 Anitube Miomio ブロッキング ブロッキング対象は「漫画村」「Anitube」「Miomio」および、これと同一とみなされるサイト(議事録より/傍線は編集部によるもの)

 既報の通り(関連記事)、あくまで法整備が行われるまでの「臨時的かつ緊急的な措置」というスタンス。刑法第37条にある「緊急避難」の考えに基づき、「ブロッキングを行うことが適当」との考えを示し、民間事業者によるブロッキングを促していく形をとります。

 今後は海賊版サイトだけでなく、違法アップロードコンテンツへと誘導する「リーチサイト」への法的措置も視野に入れつつ、すみやかに法制度の整備に向けて検討を行うとのこと。また現状では合法とされている、「静止画(書籍)のダウンロード」の違法化も論点として挙げられています(※)。

※2010年の「ダウンロード違法化」では、音楽・映像のみ対象となっており、現状では静止画の閲覧やダウンロード自体は違法にならない(関連記事


漫画村 Anitube Miomio ブロッキング リーチサイトも視野に入れた立法や、「静止画(書籍)のダウンロードの違法化」も今後の論点に(議事録より/傍線は編集部によるもの)

漫画村 Anitube Miomio ブロッキング ブロッキングが名指しされたサイトの1つ「Anitube」(画像加工は編集部によるもの)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう