ニュース
» 2018年04月17日 23時16分 公開

豪華夜行バス「DREAM Relier」に新車両 乗り心地を一足先に試してみた

ゴージャスな夜行バスが新車両でさらにゴージャスに。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 西日本ジェイアールバスとジェイアールバス関東が運行する大阪〜東京間の夜行高速バス「DREAM Relier(ドリームルリエ)」。乗り心地をさらにアップさせた新車両が、2018年4月27日から運行を開始します。一足先にお披露目された車両の様子をレポートします。

ドリームルリエ 試乗会は2018年4月17日、大阪駅で開催された

 ドリームルリエは2列シートエリア「プレシャスクラス」と3列シートエリア「アドバンスクラス」を備え、全席にパーティションを設置した個室感覚で過ごせる車両。充電用コンセントや無料Wi-Fiなど車内サービスも充実しています。

2列シート「プレシャスクラス」は増席

 プレシャスクラスは、特に広々としていて乗車率が90%を超える人気の席。大きくリクライニングして身体を伸ばせ、レッグヒーター付きのぜいたくな座席です。従来車両では4席設けていましたが、新車両では6席に増やしました。

ドリームルリエ プレシャスクラス プレシャス、ゴージャス!
ドリームルリエ 荷物棚 荷物棚

 また乗客アンケートの要望に応え、荷物棚を設置。より空間が広く感じられます。網で盗難や落下を防止します。

ドリームルリエ 荷物棚 カバンを入れてみた

 降車ボタンの位置をヒザに当たらないように移動するとともに、パーテーションの厚みや材質を変え、走行中の軋み音を抑えました。

ドリームルリエ 設備 降車ボタン、雑誌や動画が楽しめるタブレット、読書灯などは側面のパーティションにまとめてスッキリ!
ドリームルリエ レッグレストヒーター
ドリームルリエ フットレスト 大きなフットレスト
つま先までリラックス
ドリームルリエ シート しっかりと弾力のあるクッション 
ドリームルリエ カーテン カーテン閉めたら、圧倒的個室感!

3列シートもよりゆったりと

ドリームルリエ アドバンスクラス 一見コンパクトだが……

 「アドバンスクラス」は従来の14席から10席に減らし、シートの間隔や座席の足元の空間を広げ、快適さの向上を図っています。ちなみにシートピッチ(足元の空間)はプレシャスクラスで160センチ、アドバンスで120センチです。

ドリームルリエ アドバンスクラス ゆったり足を伸ばせます

 可動式のフットレストは幅を広げ、足を乗せやすく。乗客の声を受けて、下に靴を収納できる形に変えました。

ドリームルリエ フットレスト 下に靴を収納

 また、3列シートの隣り合ったA席とB席の間は以前はパーティションだけでしたが、プライベートカーテンを設置し、個室感をアップ。

ドリームルリエ カーテン プライバシーとほどよい明るさを確保

 パーティションは素材・厚みとともに、位置や間隔も変え、より席への出入りが簡単になっています。

ドリームルリエ 荷物棚 荷物棚、タブレット、読書灯なども搭載
ドリームルリエ シート ふわふわ・やわらかタイプのクッション
ドリームルリエ 座席と通路の間に段差なし。段差が少ない車内なので転びにくい
ドリームルリエ タブレットで動画を楽しむためのイヤフォンと、スリッパはアメニティー

車両も新しく

フルカラーのLED

 行き先表示はフルカラーのLEDにし、見やすさを向上。休憩場所のパーキングでの乗り間違えを防ぎます。ナンバープレートは番号2020とカラフルな色使いの東京オリンピック・パラリンピック仕様ナンバーです。

東京オリンピック・パラリンピック仕様ナンバー

 さらにゆったりと過ごせて、プライバシーも保てるようになった、新しい「DREAM Relier」。2018年の大阪・京都〜東京間の旅は快適になりそうです。

安全性を高めるさまざまな装置を搭載。安心の旅に
ライトのブルーはJR西日本のコーポレートカラー

DREAM Relier運賃(東京・新宿−大阪 おとな片道)

プレシャスクラス 普通運賃 1万3000円〜1万8000円

アドバンスクラス 普通運賃 1万円〜1万2500円/得割 8500円〜1万1500円


谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう