ニュース
» 2018年04月18日 21時59分 公開

社長も社員もゾンビ! 毎年ネタ満載のGMOペパボ新卒説明会がついにファイナル そして伝説へ……

ゾンビ社長の生きざまに刮目せよ!

[ちぷたそ,ねとらぼ]

画像 ※全員ペパボの社員です

 2016年はステージの上でへヴィメタを披露、2017年は社長が悪の親玉として登場したヒーローショー「採用戦隊ペパレンジャー」(関連記事)……。「もっとおもしろくできる」の企業理念のもと、毎年様子がおかしい説明会(褒めてる)を実施しているGMOペパボ


画像画像 2016年のへヴィメタ、2017年の「採用戦隊ペパレンジャー」

 「ロリポップ」などのホスティング事業や「カラーミーショップ」などのEC支援、最近では「minne」などのフロー型のサービスも好調な同社では、2020年度新卒採用からの「通年採用」を導入します。それに伴い新卒説明会は今回がファイナルに。新卒説明会に足を運んだものの、「今回は(割と)普通だ」、というのが第一印象でした。


画像画像 会社の説明の冊子を見て「普通っぽい」と思ってしまった(なんだその感想は)

 というのも、前回参加時は、パンフレットの時点でしれっと「採用戦隊ペパレンジャー」のチラシが封入されていたり一目でおかしいと分かるものだったのですが、そんなこともなく。封入されている会社説明の冊子も普通でした。このままでは取材記事が「普通でした。いい会社でした」になってしまう。


画像画像 「Pepabo Maker Festival(略してPMF)」の出張版。就活生のみなさんは「昼休みの詩」(右)に足を止めていました

 ちなみに、今回はエントランスにてペパボオフィスで不定期開催している、有志による自由な作品展示会「Pepabo Maker Festival(略してPMF)」の出張版が開催されていました。社員が個人活動で作ったアクセサリーや写真、自作キーボードなどの展示があり、GMOペパボが大切にしている「アウトプットの文化」に触れることができました。クリエイター気質の人が多いというのもGMOペパボの特徴なんだそうです。仕事以外でこうして社員が充実しているというのはいい会社って感じがするな。

会社説明会開始。やっぱり普通じゃなかった

 会社説明会がはじまる前、説明会の注意事項のスライドが流れました。


画像画像 思わず二度見した

 イラストは地獄のミサワ氏で、伝える内容も「説明会中のTwitterのご使用は大歓迎です。どんどん実況してください」など既にもう面白い。今見ているこのスライドは普通ではないよね……? 普通ってなんなんだろうな。


画像 佐藤健太郎社長登場

 そして佐藤健太郎社長がデニムのシャツで登場。「例年おもしろいコンテンツを用意してるんですけど、今年は普通の服でスタートさせていただいて、説明に集中させていただこうと……」なんて言ってたのも束の間。


画像 「え……?」

 話す社長の後ろで不穏な音楽が流れます。「聞いてないよ!?」と困惑する社長のもとに何かが近づく。「なんでみんな腐ってるの!?」という弱々しい声と共に、社長はステージの奥へ。これは……。


画像 ゾンビだコレ!

 ゾンビだコレ。みんな腐ってるんだけどォ?


画像 ゾ、ゾンビだコレ〜〜〜!

 そして音楽に合わせて踊るゾンビ。会場にはマイケル・ジャクソンの「スリラー」をほうふつとさせるアッパーな音楽が流れます。「ポウッ!」とか言ってるし!


画像 社長再び登場。社長の早着替えにも注目です

 そしてケンタロ社長再び登場。「スリラー」だコレ! 曲は違うけど!! 今年のテーマは「PEPABO of the DEAD」。ゾンビの中心で力強い踊りを見せてくれる社長。一体何を見せられてるの?


画像 かっこいい(腐ってるけど全員ペパボの社員です)


画像 かっこいいいいいい!(全員ペパボの社員です)

 そして今年も衣装もメイクもそのままに、社長メッセージのプログラムへ移行。「社長取締役ゾンビの佐藤健太郎です」じゃないんだよ!


画像 様子はおかしいけど真面目な会社説明会です

 登壇で出てくる社員がひたすらゾンビ、というおかしな点はあるものの、その後は普通に会社や自社サービスの説明だとか、社員インタビューなどを真面目に行います。


画像 フォントが強い

 真面目にペパボの強みを語っているのにおどろおどろしいフォントに、時折繰り出す「弊社の強みとして社長が死ななくなった(ゾンビ化したから)」といったゾンビギャグに、今目の前で起こっている事態を脳が理解するのを拒むという現象が起こってました。なにこれ。


画像 新しいことにチャレンジすることができ、ゾンビにも噛まれる刺激のある環境

 説明会で個人的に印象に残ったことは1年目の新人ゾンビ社員のインタビューで、「ペパボはやりたいと思ったことが実際にできる、新人でもチャレンジする環境がある」と言っていたのがしかと胸に響きました。チャレンジ精神が強すぎて社員さん、ゾンビになってたけどね……。

 説明会でゾンビにされてしまった佐藤健太郎社長からもコメントをいただくことができました。


画像 写真は登壇後にノリノリでポーズを取ってくれた社長です(ありがとうございました)

 「今回はファイナルということで、会社説明会というものの趣旨に立ち返った形での開催を予定していたのですが、社内からの『ペパボらしくない』『もっとおもしろくできるのではないのか』という声に押され、結果的にはゾンビになってしまいました。しかしながら、ゾンビになったからには、その役割を全うすることがわざわざ足を運んでくださった参加者のみなさんや、ペパボの仲間たちにとって代表としてのあるべき姿だとだと考え、全力でゾンビとしての生き様(?)をお見せした次第です。

 結局のところ、私は、生きているのではなく(ペパボの仲間達に)生かされているんだな、ということをあらためて痛感しました。ゾンビにされてしまいましたが」


画像 新入社員ゾンビと社長

 実は、説明会の間に青いTシャツの人間スタッフもゾンビになっていました。パリピもいるし、そうじゃない人もいるし、生きていても死んでいても区別なく仲良く共存できる会社。「みんなと仲良くすること」「ファンを増やすこと」「アウトプットすること」を大事にしているというGMOペパボの社内の雰囲気が伝わるすてきなファイナルでした。


画像 ファイナルもトレンド1位獲得

 そして「PEPABO of the DEAD」の新卒会社説明会のハッシュタグ「#ペパボ新卒」は今年もTwitterトレンド入りしていました。通年採用導入に伴い、こうした新卒向けの説明会は最後ですが、これからもGMOペパボは「もっとおもしろくできる」を実現して私たちに見せてくれるに違いありません。そして「ペパボ新卒」は伝説となった……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう