ニュース
» 2018年04月19日 19時30分 公開

ポルシェ博物館やるな! レゴで原寸大の「ポルシェ911 ターボ 3.0」を作っちまった

やばい、「やぁ」とかしゃべり出しそう。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 ドイツにある「ポルシェ博物館(Porsche Museum)」に、レゴブロックで作られた原寸大(!)の「ポルシェ 911ターボ 3.0」が展示されているそうです。


ポルシェ レゴ ドイツ ドイツ「ポルシェ博物館」で披露された実物大ポルシェ911ターボ3.0(出典:ポルシェ博物館

 ポルシェ 911ターボシリーズは、1975年にターボチャージャー技術を採用したぶっ飛び性能の特別マシンとして誕生し、以来911シリーズのフラグシップとなった名車。リアエンジンリアドライブ(RR)のレイアウト、カエルのような丸目のヘッドライトやモリッと張り出したリアフェンダーを軸にしたそのスタイリングは「ポルシェといえば」のアイコンとして、今なお多くのファンを魅了しています。

 展示された巨大レゴポルシェは、市販されているレゴ商品「LEGO スピードチャンピオン ポルシェ 911RSR/911ターボ 3.0」に含まれているポルシェ 911ターボ 3.0を、通常よりもはるかに大きな特注レゴブロックを使って1分の1スケールに巨大化させたもの。へぇぇぇ、すげぇ。


ポルシェ レゴ ドイツ 手前にあるのが販売されている「レゴ ポルシェ911ターボ3.0」(出典:ポルシェ博物館


ポルシェ レゴ ドイツ その後ろにドーンと鎮座するのが原寸大の「巨大レゴ ポルシェ 911ターボ 3.0」(出典:ポルシェ博物館

 ホンモノのポルシェ 911ターボ 3.0と並ぶとちょっと違うと言えば違いますが、なんでしょうこの愛嬌っぷりは。特にライトの黒目(?)部分。クルマを擬人化した某アニメーション映画みたいに、今にも「やぁ」とかしゃべり出しそうな雰囲気です。


ポルシェ レゴ ドイツ 実車と並べて比較(出典:ポルシェ博物館

 巨大レゴ ポルシェ 911ターボ 3.0があるポルシェ博物館は、ポルシェの本拠地であるドイツ南西部のシュトゥットガルトにあります。入館料は8ユーロ(約1060円)。ポルシェジャパンの公式サイトにも行き方がまとめられているので、もしドイツに行く機会があったら訪れてみては。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう