ニュース
» 2018年04月19日 22時00分 公開

「唐揚げ万能説」を大手が実践 香港KFC、爆発シーンをチキンで表現する広告を展開

「唐揚げが爆発に見える」現象はネットでしばしば話題になりますが、大手が本当にやってしまうとは。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 香港のKFCが、チキンを爆発に見立てた広告を展開しています。スペースシャトル発射時の煙も、ヒーロー登場シーンの爆煙も、全部チキン。


 広告会社Ogilvy Hong Kongが制作した「Hot&Spicy」キャンペーンの広告。チキンの配列とライティングの工夫で、見事に爆発シーンを表現しています。ゴツゴツした衣が、実に爆煙のよう。


スペースシャトル チキンを放出しながら飛び上がるスペースシャトル

車 めっちゃ速そう

ヒーロー ヒーローの登場シーンといえば、やっぱり爆発。チキンですけど

 日本でも「唐揚げが爆発に見える」として、しばしば話題になるこの現象(関連記事)。広告を紹介したFacebook投稿には各国から「天才だ!」「マジで好き」「いい仕事」といったコメントが寄せられており、普遍的な話なのだと感心させられます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう