ニュース
» 2018年04月22日 08時30分 公開

「寝ながらゲーム」をしたいという夢をかなえられるレイアウト

ゲーム用の秘密基地を作りたい人に。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ビーズのインテリアブランド Bauhutte(バウヒュッテ)は、4月28日〜29日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2018」で、ゲームに特化したデスクレイアウト例5種を展示・販売します。

ゲーミングデスク ニコニコ超会議でゲーミングレイアウトを紹介

 Bauhutteブース(第4ホール「B-12」)のテーマは「デスク秘密基地化計画」。2017年秋以降に発売した新製品も加え、10万円前後で手に入るレイアウト例5種を紹介します。

長時間のプレイをサポート、RPGゲーマー理想の「寝ながらゲームシステム」

ゲーミングデスク 寝ながらゲームシステム

各機器理想の位置と作業領域でプレイ効率向上「ゲーマーズ・ビッグヒル」

ゲーミングデスク ゲーマーズ・ビッグヒル

レースゲーマーの没入感とリアリティを演出する「レーサーズ・コクピット」

ゲーミングデスク レーサーズ・コクピット

閉鎖空間を作り余計な視界を遮断、ゲームに集中できる「ゲーミングキャンプ」

ゲーミングデスク ゲーミングキャンプ

ペダルをこぎながらゲームし運動不足を解消する「サイクリングゲーミング」

ゲーミングデスク サイクリングゲーミング

 会場では最新カタログを配布するとともに、最大38%オフとなる来場者限定特別価格で物販を実施。

 来場者限定企画として、製品を購入した先着80人に「ゲーミングカロリーメイト」を、Twitterアカウント(@bauhutte)をフォロー&RTした先着600人に「ゲーミングうまい棒」をプレゼントします。

ゲーミングデスクゲーミングデスク 来場者限定の「ゲーミングカロリーメイト」と「ゲーミングうまい棒」
ゲーミングデスク 手が届きそうな価格もうれしい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう