ニュース
» 2018年04月23日 13時00分 公開

おっぱいどこー? シッポをフリフリしながらお乳を探すユーラシアカワウソの赤ちゃんがかわいい

高知の動物園で生まれました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 のいち動物公園(高知県香南市)でユーラシアカワウソの赤ちゃんが誕生し、かわいらしい動画が公開されています。



のいち動物公園ユーラシアカワウソ 一生懸命お乳を探すユーラシアカワウソの赤ちゃん

 赤ちゃんは母・アカネと父・へレスの間に3月10日に誕生。1頭は死んでしまいましたが、もう1頭は順調に成長。アカネは落ち着いて子育てをしているそうです。

 公開されたのは赤ちゃんがお乳を探している動画。アカネの腕の中にいる赤ちゃんが体の向きを変え、一生懸命お乳を探しています。

 なかなか見つからないのかもがいている赤ちゃん。シッポをフリフリしている様子がとてもかわいいです。


のいち動物公園ユーラシアカワウソ 「おっぱいどこー?」

 ようやくお乳が見つかったのか、おとなしくなった赤ちゃん。包み込むような様子にアカネの母性を感じます。


のいち動物公園ユーラシアカワウソ 「大きくなってね」

 同園でユーラシアカワウソが誕生したのは23年ぶり。赤ちゃんが展示場に出るのはもう少し先になるそうですが、かわいい姿に会える日が楽しみです。


のいち動物公園ユーラシアカワウソ 生まれて12日目 少し白っぽい色をしています(以下画像はのいち動物公園のサイトから)

のいち動物公園ユーラシアカワウソ 生まれて23日目 まだ目は開いていません

のいち動物公園ユーラシアカワウソ お母さんのアカネと一緒にいる所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう