ニュース
» 2018年04月23日 21時13分 公開

note、出版社へのクリエイター紹介プログラムを実施 出版社3社とパートナーシップ締結で作品の書籍化へ

より書籍化される可能性が高くなるかも。

[宮原れい,ねとらぼ]

 メディアプラットフォーム「note」は4月23日、ダイヤモンド社、扶桑社、マガジンハウスの3社とパブリッシング・パートナーシップを締結したことを発表。これらの出版社へクリエイターを紹介するプログラムの実施を明らかにしました。



 noteは、文章や写真・イラストなどを投稿し、さらにその作品を好きな価格(税込100円〜1万円)で販売も可能なWebサービス。今回のパートナーシップ締結により、同出版社へ、定期的に人気のクリエイター情報を共有。そこで書籍化等のオファーがあった場合、note運営を経由してクリエイターに共有されます。

 出版社への情報共有では、クリエイターしか知りえない情報(ページビューや売上額など)を断りなく共有することはなく、noteチームが総合的に判断・コンテンツ単位での検討を行った上で紹介するとしています。

 また同プログラムを希望しない場合には、ログイン後の「アカウント設定」から「note運営がプロモーションを手伝うことを許諾する」をオフにすることで提供意向がない旨を示すことが可能です。


note 出版社 クリエイター紹介プログラム クリエイター紹介プログラムはオフにすることができます

 ちなみにこれまでにもnoteのコンテンツには書籍化の打診が多々あったとしていて、同運営実施のコンテストでグランプリを受賞し、書籍化もされたかっぴーさんの「左ききのエレン」や、書籍化に続き映像化もされた吉田貴司さんの「やれたかも委員会」が例として挙げられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう