ニュース
» 2018年04月26日 15時57分 公開

NAVERまとめ、無断転載34万件削除 新聞社など報道7社と合意

LINEは無断転載を防止するため、サイトごとの投稿制限措置も行います。

[ねとらぼ]

 朝日新聞社や産業経済新聞社など報道7社は4月26日、「NAVERまとめ」に各社の写真や画像およそ34万件が無断転載されていたとし、LINEと子会社ネクストライブラリがこれら画像を削除することで合意したと発表しました。両社はNAVERまとめでの権利保護策を行うことにも合意しています。

 合意を結んだのは朝日新聞、産経済新聞のほか、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞グループ本社、時事通信社、共同通信社。これら報道7社は2017年8月に、3000件以上の写真や画像がNAVERまとめに無断転載されていたことを発見して、LINEに調査と対策を申し入れ。LINEが申し入れに応じて調査を行った結果、約34万件の無断転載が見つかったとしています。

 双方は協議の結果、LINEおよびネクストライブラリがNAVERまとめにおいて「無断転載されていることが分かった写真や画像を削除すること」、また権利保護策として「報道7社が指定したニュースサイトなどからの無断転載を防止するため、サイトごとの投稿制限措置(ドメインブロック)を行うこと」で合意。

 「報道7社は紙媒体やインターネット等を通じてコンテンツを提供しています。今回約34万件の無断転載が確認されましたが、ネット上の無断転載は後を絶ちません。コンテンツの無断利用が横行すれば、著作物の保護と利用とのバランスが崩れ、コンテンツの再生産が困難になることを強く危惧しています」と報道7社は述べ、今後も無断利用について調査、申し入れを行っていくとしています。

 ネクストライブラリの島村武志社長は、「『NAVER まとめ』にて無断転載が行われている実状につき、プラットフォーム責任者として誠に遺憾に存じます」とコメント。同社では既に「みなし非表示対応」や著作権管理システムなどの対策を導入している(関連記事)ものの、これを実効性のあるものにしていくには権利者との連携が必要とし、今回の合意は「大変意味の深いことだと考えております」と語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう