ニュース
» 2018年04月27日 22時00分 公開

制作費数千万円か!? ニコニコ超会議2018のKADOKAWA「殺戮の天使」体験ブースが壮大な仕上がり

ほぼ家。

[ねとらぼ]

 4月28日・29日開催のニコニコ超会議2018に出展する「KADOKAWAブース」が壮大です。これがKADOKAWAの本気……。

画像 設営風景

 KADOKAWAブースでは、10代に人気のコンテンツ「殺戮の天使」の世界観を再現。建物の外観・内装ともにプロたちが本気で手掛けたといい、細部までこだわりの仕上がりに。設置された手術台や電気椅子で作中のシーンを追体験することもできます。


 “ほぼ家”と評するしかない同ブース。設営には「数千万円は必要ではないか」(イベント会社談)との話もあり、かなりのコストが掛かっていそうです。KADOKAWAはすごい……。

 なお、隣接の「超ホラーハウス」では2017年と同じく、「殺戮の天使」をテーマとしたお化け屋敷(五味弘文さんプロデュース)が展開されます。当日の模様はニコニコ生放送などで中継されます

画像 場所はホール8

超ホラーハウスの様子

画像 怖そう

画像 鎌ドン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう