ニュース
» 2018年04月30日 14時00分 公開

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る

監督に語っていただきました。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 絶賛に次ぐ絶賛の中、ついに観客動員10万人を突破した「バーフバリ 王の凱旋」。絶叫上映のチケットは毎回即時完売、とどまるところを知らない奇跡の映画である本作、その創造神たるS.S.ラージャマウリ監督がこの4月、ついに来日。新宿ピカデリーで26日に行われた「絶叫上映」(もちろんチケットは即完売)の舞台あいさつに参加した。

 「バーフバリ! バーフバリ!」の声援の中、拳をつきあげたラージャマウリ監督。その興奮さめやらぬ翌日、幸運にもインタビューの機会をいただいた。本記事ではその一部始終をお届けする。

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る S.S.ラージャマウリ監督

――昨日は新宿の「絶叫上映」をご覧いただきました。多くの「マヒシュマティ国民」の反応、もとい日本の熱狂的ファンについてどう思われましたか?

ラージャマウリ:インドの劇場では、映画を見ながら声をあげたり、叫んだりということは日常的におこっています。ですが、お客さんの反応が映画の内容とシンクロする、というのは非常に忘れがたい経験ですね。しかもさまざまなコスチュームを着て、違う国、違う文化、違う言語の方々がプラカードを掲げ、旗を振り、応えてくれた。皆さんの愛にとても感激しています。

――実は以前、「バラーラデーヴァ応援上映」というものがありまして……。

ラージャマウリ:どういうことですか?

――バラーラデーヴァのファンが集って、『頑張れバラーラデーヴァ! バーフバリを倒せ!』と。ご存じでしたか?

ラージャマウリ:それは知りませんでした、信じられない(笑)。私にとってはバーフバリはヒーロー、バラーラデーヴァは悪役です。ですがそれほど皆さんが全てのキャラクターが主役だと思ってくれているということですね。

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る 敵役のバラーラデーヴァ(予告編より
「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る バラーラデーヴァ応援上映に興味津々のラージャマウリ監督

――バラーラデーヴァを演じておられるラナ・ダッグバティ氏は非常に人気のある俳優さんです。監督がバラーラデーヴァという悪役を作るときに心掛けたこと、また彼についてのエピソードがあれば教えてください。

ラージャマウリ:バラーラデーヴァについては、まさに『自分が中心、自分が全て』という造形のもとでキャラクターを作り上げました。ラナは役にあまりに入り込んで、撮影中、カメラが回っていないときでも自分の武器や玉座を絶対に他のキャストに触らせなかったほどです。バーフバリを演じたプラバースが冗談で王の席に座ったものならすぐに駆け寄って「何をしてる、どけ」、と(笑)。やりすぎじゃないの、と思うほどでしたが、それほど彼は真摯に役に入り込んでくれていました

 ラナは映画を役で選びます。ですので今回は大作ですが、次は小さな作品に出るかもしれません。作品選びをする際、自分の中に明確な軸を持っていて、それが彼の素晴らしいところだと思います

――明確な軸といえば、私は監督の2009年の作品「Magadheera」(※1)が好きです。過去のインド王国と現代が両方描かれるという、非常に意欲的な作品でした。そのころ「バーフバリ」のアイデアはなかったかと思いますが、歴史もの、古代インドを舞台とした作品は以前から撮ろうと考えていたのでしょうか。

※1:400年前のインドと現代の舞台が交錯する、いわゆる「輪廻もの」の作品。一人の王女と王権を争う二人の男(過去)、遊び人と資本家の対比(現代)、という点で「バーフバリ」「マッキー」ファンには思うところがあるストーリーが描かれる。主演は監督の次作への出演が決定しているラーム・チャラン。

ラージャマウリ:物心ついた昔からずっと歴史もの、それも古代インドを舞台とした作品を撮りたいというのが私の夢でした。

 今思えば、「Magadheera」は確かに「バーフバリ」への第一歩だったと思います。ですが「バーフバリ」の構想は15年前、父からシヴァガミのキャラクターを聞かされたのがスタートでしたから、その時にはまだ本作のストーリーには思い至っていませんでしたね。

――「Magadheera」のエンディングでは、監督も踊っていましたね(笑)。踊りといえば今作にも多数のダンスシーンがありますが、撮影で特に苦労されたことがあればお聞かせください。

ラージャマウリ:ええ(笑)。振付師にとってはとても難しい現場になったと思います。本作のダンス・シーンは単純な踊りだけでなく、例えば戦いを交わしている最中であったり、さらにはその踊りを通じて感情を語らせるということに非常に苦労しました。特に私が「アロー・ダンス」と読んでいる劇中中盤のシーンがありますが、このシーンではバーフバリとデーヴァセーナが戦いながら恋に落ち、さらに弓の撃ち方を教えつつ、かつ舞っているかのように見せなければなりませんでした。

 このシーンを担当したのはその振付師です。40日もの時間をかけて振り付けを考えてもらい、そこから更にまた戦いの構図を考えました。

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る 舞うように弓を射るバーフバリとデーヴァセーナ

――「伝説誕生」「王の凱旋」を通してバーフバリ親子は自然、とりわけ植物に守られ、愛されている存在だという印象を受けました。これは意図しての演出でしょうか。特にヤシの木を使用した戦法には驚きました。

ラージャマウリ:古代を描くにあたって、彼らの生活は自然が日常の全てでした。残念ながら、英国の植民地時代にそれが途絶えてしまったという背景があります。

 バーフバリの時代ではそれを強調したかったので、自然が目立つシーンが多く入っています。ヤシの木については、私のアイデアです(笑)。

――現在、国際社会では女性の地位向上が叫ばれています。本作ではシヴァガミ、デーヴァセーナなど女性の強さ、気高さが目立ちます。

ラージャマウリ:私は必ずしも、映画を通してなんらかの社会的な主張をしたい、とは思っていません。まずは物語にドラマチックな展開を起こしたかった。そして、そのためには強いキャラクターが必要だと考えました。

 男女の違いについて個人的な意見を述べるなら、必ずしも同じではないと思います。それぞれが異なる点で勝っていて、どちらも共に優れた存在です。古代のインドに目を向けると、女性が君主であったという時代が多々あります。ときに尊敬され、神であるともされてきました。もしかしたら、古代のそういった見方への憧れという面が本作に反映されているかもしれません。

――「王の凱旋」は世界で大ヒットし、「王の凱旋」を見てから「伝説誕生」を見た方も多いかと思います。また舞台あいさつでは続編を望む声が多く寄せられていましたが、現在コミック、小説、アニメシリーズ(※2)などがリリースされていますね。これから先、更に「マヒシュマティ・ユニバース」が広がっていく可能性はあるでしょうか。

※2……コミックは"Baahubali:Battle of Bold"、小説は"The Rise of Sivagami"が共に1巻発売中。アニメシリーズ"Baahubali:The Lost Legends"はシーズン2までがAmazon Indiaにて配信されている。また日本オリジナルとして、深谷陽によるコミカライズの発売が6月23日に予定されている。

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る

ラージャマウリ:「王の凱旋」は非常にヒットしましたので、そちらを「伝説誕生」より先に見た方も確かにいらっしゃるかもしれません。どちらを先に見てもらっても話としては成立するかと思います。ですが、私としては是非「伝説誕生」から見ていただきたいですね。

 本作を作るにあたって、全てのキャラクターの出自や、そこに至るまでの経歴を考えています。ですが映画では一部しか切り取れませんでした。なかには映画本編より、もっとドラマチックなのではないか? と思えるところもあります。例えばアニメシリーズでは、バーフバリとバラーラデーヴァのカーラケーヤ以前の戦いを描いていますし、シヴァガミとカッタッパ、アマレンドラ・バーフバリの父親の話は小説にしました。現在1巻が出ており、2巻、3巻も準備中です。

 また詳細は未発表ですが、発売中の小説『THE RISE OF SIVAGAMI』(日本版未発売)に関しては今年中に映像化の企画がスタートします。その企画に私は監督ではなくプロデューサーとして参加します。


――日本でもどんどん見られるようになるとうれしいですね。最後に現在準備されているとうわさの最新作、「RRR」(※3)についてお聞きします。こちらはどのような作品になる予定でしょうか?

※3……2018年3月、製作が発表されたラージャマウリ監督最新作の仮タイトル。監督のラージャマウリ、主演のラーム・チャラン、N・T・R・ラオ・ジュニアそれぞれの頭文字を取り「RRR」と呼ばれていること以外、ストーリーなどの情報は現在のところ一切不明。

ラージャマウリ:非常に面白い作品になると思います。最近主役の2人が決まったところでして、現在はこれから5カ月ほどかけてストーリーを描き始めるフェーズに入っています。今年の終わりには撮影を始められるかと思います。

――とても楽しみにしています。本日はありがとうございました。

「バーフバリ」、バラーラデーヴァ応援上映から次回作まで S.S.ラージャマウリ監督大いに語る

将来の終わり

(C) ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう