コラム
» 2018年05月01日 11時00分 公開

紙のサイズは、なぜA判・B判の2つがあるのか?

重ねようとすると困る……。

[QuizKnock,ねとらぼ]


 電子化が進む今でも、という媒体はまだまだ身近です。みなさんの学校や職場でも、さまざまな書類を使っているでしょう。

 こうした書類のサイズは、ものによってA判・B判が使い分けられていますね。ノートやルーズリーフはほとんどがB5、クリアファイルはおおよそA4というイメージがあります。

 ところで、紙のA判・B判はJISで決められた規格ですが、なぜわざわざ二本立てになっているのでしょうか。1つだけではいけなかったのでしょうか。


昔はどうなっていた?

 どうして規格が制定されたかを説明するために、過去を振り返ってみましょう。今の「A判」「B判」が制定される前は、どんな紙のサイズが使われていたのでしょうか。

 昭和の初め頃、1920年代の出版事情に関する資料では、四六判、菊判、新四六判、菊半截(きくはんせつ)、三五判、四六倍判など、たくさんの種類の判が確認されています。

 なかでも、「書籍には四六判」「雑誌には菊判」といった主流はありましたが、同じ判でもサイズが微妙に違っているなど、バラつきがあったようです。ここから、紙のサイズの統一規格を決める機運が高まりました。


A判はどこから?

 統一するにも、ゼロから考えていては効率が悪いので、当時の人々はまず、諸外国がどんな規格を使っていたのかを調べました。

 当時、アメリカやイギリスでは、もととなる大きな紙(原紙)の大きさだけを決めておけば、それを何等分したかで自然と画一化されるだろう、という方式になっていました。一方でドイツの方式は、原紙のサイズと、原紙を二等分していった用紙のサイズとを全て決めてしまうものでした。

 これらを比べたときに、「ドイツ方式のほうがしっかり統一できそう」と考えられたようです。

 また、その中の「A5」というサイズが、日本で雑誌の主流だった「菊判」にちょうど近い、ということで、ドイツで使われていたA判の規格をそのまま日本でも採用することになりました。



 現在の国際規格のA判も、ドイツの規格をそのまま使っています。


なぜB判ができたか?

 A判を流用して、従来の菊判とちょうど近いサイズの規格ができ上がりました。

 しかし、もともと日本では雑誌は菊判が主流だったものの、書籍は「四六判」が主流を占めており、A判では四六判に対応できません。多くの人が慣れ親しんだサイズ感だけに、四六判を簡単に廃止してA判に統一、ということをすると、混乱を招くおそれがあります。

 四六判に近いサイズが効率よく作れる規格を探すうちに、A判の縦横比を維持したまま、面積を1.5倍にした寸法を使うと、四六判に近いサイズを作れることが発見されます。

 これはちょうどよいということで、このA判の面積を1.5倍にした規格を「B判」と決めました。私たちが使っているB判は日本で考案されたんですね。海外にも「B判」はありますが、日本のB判とは異なるものです。


各規格のサイズ比較。数字の単位はミリメートル

まとめ

 A判は昔の「菊判」に近いドイツのものを採用し、B判は昔の「四六判」に近くなるよう日本で新たに制定されました。昔から慣れ親しんだ四六判のサイズ感を引き継ごうと知恵を絞り、和洋折衷ともいえそうな二本立ての規格になったわけです。

 「二本立てはややこしい」と感じる方も少なくないようですが、二本立てのおかげでより使い道に合ったサイズの書籍や用紙が作られているともいえます。これからは紙や書籍を手に取ったら、そのサイズ規格にもぜひ注目してみてください。

参考文献

小林清臣(1985)「紙の寸法規格とその制定の経緯について」紙の博物館『百万塔』61号、24-42頁

紙の博物館編(2007)『紙のなんでも小事典 パピルスからステンレス紙まで』講談社

「紙のサイズにはなぜ「A」と「B」があるのか。その意味や由来を教えてほしい」 - レファレンス協同データベース

「洋紙と用紙」第19回、第20回、第21回 - 東芳紙業株式会社


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう