ニュース
» 2018年05月01日 20時30分 公開

レストランの配達を利用した女性が低評価の口コミ投稿→夜に店舗マネジャーが自宅に押しかけ

店側の非常識な態度に怒りの声が。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米ワシントンD.C.のレストラン「La Porchetta」のマネジャーが、口コミサイトで低い評価をつけた客の家を夜間に訪問する出来事が起き、店側の非常識な対応に動揺の声が広がっています。

 口コミを投稿したのは、文化批評家でテレビ作家のイェシャ・キャラハンさん。キャラハンさんはある日曜日、近所にオープンしたばかりのイタリアンレストラン「La Porchetta」から出前をとりました。30分すると、ハンバーガーセットとゼッポレ(揚げパン料理)がきちんと到着。配達を担当した人当たりがいい男性は、口コミサイトの「Yelp」にレビューを残してくれるよう頼んで帰っていきました。

 キャラハンさんは、この時点でとくに不満はなかったと語っています。しかし到着した料理を見てみると、ハンバーガーのレタスやトマトがなく、肉もやや残念な感じ。ゼッポレはとてもふやけていたそうです。食べてみると、冷凍だとすぐにわかる味。「タイ料理にすればよかった」と後悔したキャラハンさんでした。そこで、素直な気持ちと5段階中3の評価をYelpに投稿します。

 その日の夜22時ごろ、キャラハンさんが眠りにつこうとベッドに横になっていると、ドアをノックする音が聞こえてきます。キャラハンさんは驚き、返事をせずに様子をうかがっていました。すると知らない番号から電話が。キャラハンさんは警戒し、着信には応答せず、ボイスメールで対応します。すると、再び着信が入りました。その着信も無視してボイスメールを再度送ると、ようやく返事がきました。

 「こちらは『La Porchetta』マネジャーの○○(伏せ字:担当者の名前)です。あなたのお宅の前にいます。Yelpの評価についてお話したいのです」

 マネジャーが夜中に突然訪問してくるという行動に、キャラハンさんは激怒。Yelpの評価を3から1に更新しました。更新したコメントは「真実を語ってほしくないのであれば、次回からは評価を依頼しないでください」という言葉で締めくくられています。

レストランの配達を利用した女性が低評価の口コミを投稿 夜に店舗マネージャーが自宅に押しかけ マネージャーの行動を受けてキャラハンさんは評価を1に更新(画像はYelpより)

 キャラハンさんのツイートを受けて、Yelp公式アカウントが反応。謝罪の言葉を述べ、同店に対応することを約束しました。

 米国ではオバマ政権の任期が間もなく終わる2016年12月、消費者が正直な口コミを書いても訴訟されないことを保証する「消費者レビュー公正法」が成立。消費者が素直な口コミを投稿できるようになりました。Yelpはその際、この法案に好意的なコメントを残しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう