ニュース
» 2018年05月02日 15時10分 公開

「TOKIOを辞める」TOKIO山口達也が辞表託す、結論保留も公式サイトから姿消える

ジャニーズ事務所の公式サイトでTOKIOのページから山口さんの姿が消える。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 2月に自宅マンションで女子高生に無理やりキスをしたとして強制わいせつの疑いで警視庁から書類送検され、5月1日に起訴猶予処分となったアイドルグループ「TOKIO」の山口達也さんが、「TOKIOを辞める」と辞表をリーダーの城島茂さんに託したことがTOKIOのメンバーから明かされました。

 5月2日に行われた会見で城島さんは、辞表を受け「即、やめてくれと言えない私たちがいました。今後、私たちの音楽活動、山口の処遇を含め結論が出せなかったことは事実」と結論を保留し、まずはTOKIOとして謝罪してから今後のことを考えたいとしています。なお、ジャニーズ事務所の公式サイトでTOKIOのページからは山口さんの姿はなくなっています。

TOKIO 山口達也 辞表 甘ったれた 崖っぷち Johnny's netのTOKIOのページは山口さんを除く4人でのものに差し替わった(画像出典:Johnny's net
TOKIO 山口達也 辞表 甘ったれた 崖っぷち 5月1日は5人でのものだった(画像出典:Johnny's net

 会見に姿を表した山口さんを除くTOKIOの4人は被害者とその家族に対してあらためて謝罪した後、ファンや関係者に迷惑をかけたことを重ねて謝罪。

 4月26日に行われた山口さんの会見後、30日夜に2時間ほど全員で集まっての話し合いの場が持たれ、その場で山口さんはメンバーに土下座して謝罪するとともに、「TOKIOを辞める」旨が書かれた辞表を差し出したと説明しました。

 松岡昌宏さんは、山口さんが会見で口にした「TOKIOにまだ席があるなら帰りたい」という発言には「甘ったれた意見はどこから生まれるのかと正直思いました」と心境を吐露。「恐らく彼は、崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気づいてなかったのだと思う」としながら、「そうした甘えを受け入れるようなTOKIOなら一日も早くなくした方がいいと思う」と姿勢を断罪。その後も、「正直あなた病気です」「考えをあらためてもらわないと俺たちは何もできない」など山口さんへの自覚を強く促しました。

 また、国分太一さんは、いけないと分かっているものの「自分の心の片隅で手を差し伸べてしまう感情もある」と自身の気持ちを説明。今はこの辞表を受け止めるべきだとしながらも「辞表を受理したとしても、僕は山口を見捨てることはできません」と話しています。

 TOKIOの今後については、「自分たちで言えることではないというのが本音」としながら、「それぞれの仕事をプロとして責任を持ってやっていきたい」としました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう