ニュース
» 2018年05月03日 09時00分 公開

物悲しくも美しい 「廃墟に取り残されたピアノ」を撮影した写真 (1/2)

切ない気持ちになる。

[ねとらぼ]

 廃墟にぽつんと置かれた、もう音楽を奏でることのないピアノ――フランスの写真家Romain Thieryさんが廃墟のピアノを写した作品「Requiem pour pianos」を公開しています。

廃墟 ピアノ ドイツの廃墟になった城

 Thieryさんは廃墟写真を専門とする写真家で、ピアニストでもあります。その2つの領域が合わさったのが「Requiem pour pianos」。フランスをはじめ、ドイツやウクライナ、イタリアなど欧州各地をめぐって撮影しています。撮影場所を選ぶ基準は「音楽」と「写真」という2つの芸術世界が交差する場所であることなのだそうです。

廃墟 ピアノ 1945年までサナトリウムとして使われていたドイツの建物。ロシアの軍病院となり、その後廃墟に

 廃墟となったお城やダンスホール、学校、住宅に取り残されたピアノ。なんとも言えない物悲しさと美しさが感じられます。

廃墟 ピアノ

 「ピアニストとして、打ち捨てられたピアノを発見すると感情が高まる」とThieryさん。「Requiem pour pianos」は自身の芸術の極地としています。ThieryさんのWebサイトでは、他にもさまざまな廃墟の写真を見ることができます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.