ニュース
» 2018年05月03日 12時19分 公開

Nintendo Laboで車いすをコントロール! バイクのように楽しく走る動画が話題に

今までにない形のゲームプレイが実現。

[エンジン,ねとらぼ]

 4月に任天堂より発売された「Nintendo Labo」を駆使したさまざまなアイテムや遊び道具がTwitterやYouTubeに投稿されています。その中でも、車いすという一見ゲーム機とは無縁そうな乗り物と組み合わせた動画がネットユーザーの注目を集めているとのこと。ゲームで車いすを操る?



 公開されている動画では、「Nintendo Labo Toy-Con 01:Variety Kit」に同梱されている「バイクキット」を使って自身の乗る車いすを操縦している少年の姿が映し出されています。構造としては、車いすに設置された外部モーターがSwitchと接続されており、左右のJoy-Conを傾けることでハンドル、前にひねることでアクセルと、ちょうどバイクのように操作することが可能となっています。どちらかと言えば堅苦しいイメージを持たれてしまいがちな車いすが、動画内ではドライブやツーリングを楽しめそうなエンタメ感あふれる乗り物にチェンジ。ハンドルを駆使して走り回る少年も楽しそうです。


ラボと車いす 車いすとバイクキットがフュージョン!

ラボと車いす 動きは意外とかろやか

 Nintendo Laboと車いすというなんとも意外なコラボレーションを成功させたのは、オリィ研究所所長の吉藤オリィ(@origamicat)さん。これまでにもロボットコミュニケーターとしての知識と経験を生かし、今までにない個性的な試みを行っています。コタツ付き車いす視線入力で描いたALS患者による名画など、その取り組みのいくつかは過去にねとらぼでも取り上げました。



 今回の取り組みについてはTwitter上でも反響が続々。「すっげえ」「私も乗りたい」「身近でこんなことができると思うとワクワクする」などなどさまざまなコメントが見られました。

画像提供:吉藤オリィ(オリィ研究所 所長)(@origamicat)さん


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう