ニュース
» 2018年05月04日 09時00分 公開

ディズニーがVRジャケットを開発 エアバッグの圧力でパンチの衝撃やヘビがまとわりつく感触まで再現

インナーに配したエアバッグを収縮させることで触感を再現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ディズニーの研究部門「ディズニー・リサーチ」が、仮想的な触感を体感できる「フォースジャケット」を開発しました。例えばVRコンテンツの体験中、パンチで受けた衝撃や、人とハグした感覚などを味わえます。


フォースジャケット インナーに圧力を与えるエアバッグが内蔵

全体の構成 システムはエアバッグに空気を送るポンプと、制御用のコンピューターで構成

 真空ポンプとエアコンプレッサーにより収縮する、26のエアバッグをインナーに配し、着用者に圧力を与える仕組み。各エアバッグをさまざまなパターンで動かすことで、圧力だけでなく衝撃や振動まで再現します。


エアバッグエアバッグ 計26のエアバッグが袖や背中へ配置

制御 各エアバッグの収縮は自由に制御できる

 VRヘッドセットと併用したデモも公開。雪玉をくらった感覚がある雪合戦や、身体にヘビがまとわりつく感覚、マッチョな男性への変身といった体験を仮想的に実現しています。研究が進めば、映画「レディ・プレイヤー1」の世界へ近づけそうです。


雪合戦 雪玉を受けると衝撃が

ヘビ 人なつっこいヘビがまとわりついてくる、微妙な感覚を再現

マッチョ 筋肉が増強された感覚も


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう