ニュース
» 2018年05月05日 08時08分 公開

リアルな動きにワクワクする! ダンボールでロボットハンドを作る動画がすごい

作ってみたい!

[ひーこ,ねとらぼ]

 つまみ1つを回せば5本の指がそれぞれに動くロボットハンドを、なんとダンボールで作ってしまった動画を紹介します。動画では制作過程も撮影されていて、どんな構造で動いているのかわかりやすく、見ていると胸が高鳴ります。



 まず、動画冒頭では完成形と実際に指が動く様子が見られます。手首側についたつまみを回すことで、それぞれの指が上下に、滑らかに動きます。


完成形1枚目 つまみを回せば歯車が回転し……

完成形2枚目 5本の指が動く!

 続いて、制作過程です。まずはパーツが書かれた紙をダンボールに貼り、カッターで切り出していきます。1つ1つのパーツはシンプルな形ですが、さすがに量が多く大変そう……!


制作過程1枚目 ひたすらザクザクと切っていく

制作過程2枚目 こんなにたくさん!(他にも細かい歯車がたくさんあります)

 パーツを全て切り出したら、手のひら部分の骨格から作っていきます。親指以外の4本の指を骨でつなぎ、真ん中に歯車パーツを設置。この歯車パーツはそれぞれの指に動力を伝える役割を持ちます。


制作過程3枚目 これは指ではなく手のひら部分

制作過程4枚目 細かい〜!

 いよいよ、指の部分のパーツをつけていきます。まさに骨のような、リアルな関節がカッコいいですね。


制作過程5枚目 こちらが指

 親指パーツを組み込み、さらに細かい歯車を追加していきます。ここまでくれば手の形がはっきりわかりますね。時々正しく動作するか確認を挟みながら、徐々に完成形に近づけていきます。


制作過程6枚目 親指は後からつけます

 最後に、手首側につまみをつけたら完成!


制作過程7枚目 できたー!

 人間の手の精密な動きを、歯車の組み合わせのみで再現した作品、脱帽でした。設計図さえ用意できれば子どもでも作れるかも? 大きさを変えて複数作ったり、色をつけてみたりと、工夫次第でいろいろな楽しみ方がありそうですね!


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう