ニュース
» 2018年05月09日 07時00分 公開

尿路結石の経験を描く漫画がマジ怖い 「立てなくなるほどの激痛」「運動と水分の不足に注意」

特にフリーランサーの場合は健康診断を忘れずに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 尿路結石は、腎臓から尿道の間にできた結石、またはそれが詰まることで引き起こされる症状。わき腹や腰まわりに激痛をもたらすことから「痛みの王様」とまで言われていますが、その症状を描いた漫画がTwitterで注目を集めています。生活習慣に気を遣わねばと、考えさせられることうけあい。

【訂正:2018年5月9日11時40分】記事初出時、尿路結石の意味として「わき腹や腰まわりに激痛をもたらす病気」と記述していましたが、説明として不適切であったため「結石が詰まることで引き起こされる症状」へと訂正いたしました。


1P 痛みは突然やってくる

 投稿主のrikko(@rikko157)さんは、イラストや漫画関連の仕事を手掛けるフリーランサー。ある日の仕事中、突然立てなくなるほどの腹痛に襲われ、動けなくなってしまいました。1日経てば治るだろうと早めに就寝しますが、翌朝になっても痛みは引かず、すぐに病院へ駆け込みます。

 医師の判断は尿路結石で、薬を処方のうえ経過観察とされました。在宅の仕事ゆえ運動と水分が不足しがちで、それが原因となったようです。その後も激痛が続くなか、休んでは仕事のくり返しが3日目まで続いたといいます。


2P 痛みがひどくても締め切りはやってくる

 4日目からは痛みが和らいできましたが、食べると痛いからと、2日間絶食せざるを得ないことに。そして6日目にCT検査を受けたところ、幸いにも結石は小さく、自然排出されそうな状態だと分かりました。入院せずに済み、rikkoさんは無事回復へ。しかし結石が小さくてもあれだけ痛いということは、大きかったら絶命していたのでは? と激痛の日々を振り返っています。


3P 水分大事っ!

 漫画に描かれたのは比較的スムーズに治ったケースですが、寄せられたリプライのなかには、「腎臓にゴルフボール大の結石ができて他の病気も併発し緊急入院した」という、さらに重い経験談も。rikkoさんは「当たり前のことができていなかったので痛い目を見た」とし、「適度な運動と休暇、バランスのとれた食事を」「フリーランスのかたは面倒でもきちんと健康診断へ」と呼びかけています。ああ、耳が痛い。


画像提供:rikko(@rikko157)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう