ニュース
» 2018年05月08日 10時00分 公開

「同じ顔だ!」 SNSで知り合ったそっくり過ぎる2人が実際に出会い記念撮影、双子としか思えない仕上がりに

そっくりでビックリ。

[ねとらぼ]

 自分と全く同じ顔の人に出会ったという投稿が、Twitterで注目を集めています。ほんとにうり二つだ……!

 投稿したのは作曲家で、ゲーム音楽制作や音楽教育事業などを手掛けるIZENEの社長・倉持武志さん。きっかけは倉持さんが新聞記事に取りあげられたことで、記事を見たある人から「同じ顔だ!」とSNSで声を掛けられました。

 声を掛けたのは、東京・代官山の美容室「blast」で総店長を務める西川賢一さん。倉持さんは西川さんのお店を訪ねて髪を切り、ツーショットを撮影してツイート。「泣きボクロまで一緒」な写真に、Twitterでは「双子みたい」「兄弟かと思った」「ドッペルゲンガー?」と驚きの声があがりました。確かに「生き別れの双子」と言われたら納得するレベルのそっくり度合いです。

左が倉持さん、右が西川さん(画像提供:倉持武志(@KURAMOCHI_IZENE))さん)

 倉持さんに西川さんと会った感想を聞いたところ、「会った時はまず全く違う業界で活躍している双方のことをお互いとても嬉しく思いましたね。なんだか自分がその業界で活躍しているような変な感覚です。同じ顔が犯罪者とかだったらがっかりですもんね。同じ顔なのに違う声、違う喋り方にはとても違和感がありました」とコメント。

IZENEのサイトに掲載されている倉持さんの写真
blastのサイトに掲載されている西川さんの写真。やっぱ似てる!

 事前に連絡をして会いに行ったものの、最初の対面は鏡越し。鏡越しに互いを見つけて思わず無言でニヤリとしてしまったそうです。「西川さんは前のお客さんの髪を切りながら下を向いて笑っていました。僕も思わず吹き出してしまいました」

 「これも運命なので今後も仲良くしていきたいと思います」と倉持さん。これからも倉持さんのTwitterでそっくりツーショットが見られるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう