ニュース
» 2018年05月08日 15時52分 公開

「Nintendo Switch Online」公式サイトがオープン 月額300円でクラウドセーブや「ファミコン」機能など

「クラシックゲームセレクション(仮称)」とされていたサービスは、正式に「ファミリーコンピュータ」に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 任天堂の有料オンラインサービス、「Nintendo Switch Online」の公式サイトがオープンしました。正式なスタートは既報の通り9月から。今回の発表で、セーブデータをネット経由で運営が保管する、「セーブデータお預かり」機能が明らかとなっています。


サイトトップ 競合サービスと同様、セーブデータをネット経由で保管できるように

 Nintendo Switch用ゲームのオンラインプレイや、それを補助するスマートフォンアプリなどを利用できるサービス。先行体験として、既に「スプラトゥーン2」の対戦やボイスチャットといったサービスが、正式スタートまで無料で提供されています。

 料金は30日間300円、90日間800円、365日間2400円。この料金体系は1アカウントでのみ利用できる「個人プラン」のものと、あらためて示されました。家族など複数人で利用したいユーザーには、最大8アカウントに適用できる「ファミリープラン」(365日間4500円)を用意。18歳以上のアカウント所持者が購入することで、そのアカウントに所属するファミリー設定のアカウントも、同サービスを利用できるようになります(価格は全て税込)。


料金体系 料金体系。ファミリープランの購入にはクレジットカードかPayPalアカウントが必要

 これまで「クラシックゲームセレクション(仮称)」として発表されていたサービスは、正式に「ファミリーコンピュータ」に。会員は加入期間中、Nintendo Switch向けにオンラインプレイ機能が追加されたファミコンソフトで遊べます。専用スマホアプリと併用すればボイスチャットも可能。サービス開始時のラインアップは「アイスクライマー」や「バルーンファイト」など20本で、その後定期的に追加されます。


ファミコン 予定されている20本中、10本が発表。「ドクターマリオ」や「アイスクライマー」などはオンラインで対戦や協力プレイができます


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう