ニュース
» 2018年05月08日 14時44分 公開

マイクロソフト、新型「Kinect」発表 家電やロボットなど日常的な端末を表情や身振りで操作

体感ゲームの入力デバイスとして始まった技術が幅広い場面へ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マイクロソフトが「Project Kinect for Azure」を、開発者カンファレンス「Build 2018」で発表しました。入力センサー「Kinect」と「Azure AI」サービスの組み合わせで、家電やロボットを音声や表情、ジェスチャーで操作できるシステムを構築する計画です。


第4世代 発表された第4世代の新型Kinect。センサー類とコンピューターを小さな基板に集約している

 Kinectはもともと、同社のゲーム機「Xbox 360」の入力デバイスとして始まった技術。カメラやマイクを内蔵したデバイスの前に立ち、身体を動かすことでゲームを操作することができました。のちにユーザーの顔や脈拍まで認識できるようになった、第2世代製品が「Xbox One」向けに登場。これらは既に提供を終了していますが、第3世代にあたる技術が同社のMR(複合現実)ゴーグル「HoloLens」に導入されています。


第1世代 Xbox 360用の初代Kinect(画像はAmazon.co.jpより)

 今回発表されたのは、小型化や省電力化、センサーやカメラの高解像度化を実現した第4世代Kinect。日常的な端末でAIやセンサーを活用できる手段として、開発者向けに提供されます。また、次世代のHoloLensにも導入される予定です。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう