ニュース
» 2018年05月10日 17時10分 公開

かさばる「小野小町」を持ち歩きやすくする発明「省スペース小野小町」にTwitter民大喜び 「最高」「長年の悩みが解消されました」の声

使わない時は小さくできる!

[ひーこ,ねとらぼ]

 持ち歩くときにかさばりがちな「小野小町」をコンパクトに運べる「省スペース小野小町」が発明されました。




小野小町本体 ぱっと見いつもの小野小町ですが…


横から見た様子 よく見ると凹凸が


小野と小町を重ねた様子 凹凸によって、小野と小町がぴったり重なる!

 発明者はTwitterユーザーの機械仕掛(@kikaijikake)さん。上から見ると「小野小町」という字になっている、厚みのある立体的な文字を3Dプリンタで生成しました。「小野」と「小町」はそれぞれひとブロックになっており、「小」と「小」、「野」と「町」をぴったり重ね合わせることで、2文字分のスペースに「小野小町」が収納できます。特に「野」と「町」の形を活用したアイデアが見事ですね。

 機械仕掛さんによると、「3DCADソフトでデータを作り、外部の3Dプリントサービスで出力した」とのこと。満員電車などで苦労していた人も、これなら随分運びやすくなりそうです。

 Twitterでは「いつもネギと大根と小野小町が手提げからはみ出していたので、こんなに助かることは他にありません」「自分も小野小町持ち歩く時、『かさばるなーっ』と思っていたので、これは是非使ってみたい」「うちにある小野小町全部これに買い換えます」と、日ごろ小野小町の運びづらさに悩まされていた多くの人たちから大絶賛の声が集まっています。





 中には今回の発明を受け、「妹子」派から「小町」派への乗り換えを検討する人も。確かに、小野妹子も相当かさばりますもんね。



 一方で、利便性を追求することにより子どもたちへの影響やコストを心配する声もありました。省スペース小野小町の普及に当たっては、さまざまな壁が立ちはだかりそうです。




 すでに賛否両論ではありますが、小野小町を持ち運ぶ多くの人の悩みを解消する発明であることは間違いありません。ぜひとも、「省スペース小野小町」の製品化に向けて頑張ってほしいところです。ところで、持ち運ぶ小野小町って一体なんなのでしょうか……?


画像提供:機械仕掛(@kikaijikake)さん


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう