ニュース
» 2018年05月11日 12時10分 公開

625馬力のモンスターセダン「BMW・M5 Competition」 これ、多分、超絶に速い (1/2)

そもそも高性能な「M」モデルをベースにさらにパワーアップ。

[agar,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は、スポーツセダン「M5」の走行性能を強化したモデル「M5 Competition」を海外で発表しました。

M5 Competition M5 Competition

 ベースとなる6代目M5は、2017年8月に発表。4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、5シリーズ セダンの高性能モデルと位置付ける「M」を冠したグレードとして、初めて4WDシステム「M xDrive」を採用しました。M xDriveはFRベースの4WDシステムで、路面状況や走行状態に応じて四輪駆動に切り替わるほか、2WD固定でのスポーツ走行も可能としています。トランスミッションは8速ATの「Mステップトロニック」を採用します。

 さらに高性能なモデルとなるM5 Competitionでは、パワートレインの基本構成をM5と共通としながらも、さらに走行性能を高めるためエンジン/シャシーチューニングを施しました。最大出力は通常モデルから25馬力高めた625馬力に達し、歴代のM5で最も強力な動力性能を備えます。0−100キロ加速は3.3秒、0−200キロ加速は10.8秒以内です。標準状態では時速250キロまでのリミッターがかかっていますが、オプションの「Mドライバーパッケージ」を選択することで解除され、最高速度は時速305キロとなります。

20インチの専用ホイールを装備 20インチの専用ホイールを装備

 エクステリアは、フロントグリルやドアミラーなどにブラックの専用パーツを採用し、より精悍な印象に仕上げています。加えて、20インチの軽量アルミホイールやスポーツエキゾーストシステム、通常モデルより7ミリ車高を下げたサスペンションを備えます。インテリアは、シートベルトにMエンブレムをイメージした3色のストライプを、フロアマットやメーターパネルにもM5 Competition専用のデザインを採用し、オーナーの所有欲や満足感を高める演出も施しています。

M5 Competition:内装 M5 Competitionの内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.