ニュース
» 2018年05月11日 14時25分 公開

ソフトバンク「+メッセージ」アプリの配信を一時停止 「既存メール全て消えた」との悲鳴相次ぐ

懸念されているのはAndroidユーザーへの影響。

[Kikka,ねとらぼ]

 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの共同で5月9日から提供を始めたSMSの新サービス「+メッセージ」(プラスメッセージ)について、ソフトバンクは同アプリの配信を10日に一時停止しました(関連記事)。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ ソフトバンクによる発表

 これまで使用されてきた「SoftBankメール」に代わるサービスとして提供が始まった「+メッセージ」ですが、従来とは全く違うデザインのアイコンが採用されたことや、操作方法等が異なっていたことにより、多くのAndroidユーザーが同アプリを誤ってアンインストール。これによりこれまで「SoftBankメール」利用していたユーザーの過去のメールが全て消えてしまう事態に発展しています。

 Twitterなどでは同アプリの提供開始後から「普通のメール使えなかったからアンインストールしたら今までのメール全部消えた(白目)」「あまりの使い勝手の悪さにアンインストールしたら既存のメールがすべて消えた」「大切な大切なメールがきえてしまった…もうSoftBankやめたいわ」と不満の声が続々と上がり、混乱が広がっています。

 そうした中、ソフトバンクは「サービスの安定稼働を図るため」として、アプリの提供を一部の利用客への提供サービス制限を発表。「お客さまには、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、いましばらくお待ちいただけますようお願いいたします」と理解を求めています。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ 注意を呼びかけている

 なお影響がでているのはAndroidユーザーのみで、Google Playストアの「+メッセージ」ページで「アンインストール」ボタンを押すことにより、「SoftBankメール」のアプリが初期化され、これまでの送受信メールが全て消去されてしまうとのことです。

 また「SoftBankメール」アプリを引き続き利用したい場合は、「+メッセージ」アプリをアンインストールすることで「SoftBankメール」アプリを利用することが可能。「あんしんバックアップ」アプリの旧メール保存機能を利用して、あらかじめメールデータをバックアップしてから、アンインストールするようにと呼びかけています。

 なおKDDI、NTTドコモのユーザーへの影響はないものとみられてます。

画像:ソフトバンク公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう