ニュース
» 2018年05月11日 17時54分 公開

売りたい物を家に取りに来てくれる出品代行サービス「トリクル」が話題に 「これは便利」「欲してたサービス」

集荷を依頼するだけで出品できます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ベンチャー企業のSpiceが、依頼主の売りたい物を家に取りに来て、代わりに出品してくれる「トリクル」のサービスを開始。ネットなどで話題になっています。



 ユーザーは出品を依頼後、専属のスタッフが取りに来るのを待つだけで作業が完了。梱包や配送作業が不要で、商品は1点から受け付け、費用なしで朝10時〜深夜24時まで集荷に対応します。

 渡したアイテムは、販売のノウハウを持った同社スタッフが出品を行い、売上額から手数料30%を差し引いた金額を受け取ることができます。


トリクル 出品代行サービス 取りに来る 通常よりラクに出品が可能に

トリクル 出品代行サービス 取りに来る 「売りたいが出品が面倒」と感じていたユーザーがターゲットです

 通常のフリマサイトと違い、梱包・配送作業に加え、出品アイテムの管理や、購入希望者との取引対応などを行わずに出品が可能になるため、Twitterなどでは「全部やってくれるのはいいな」「欲してたサービス」と話題に。一方でフリマアプリ「メルカリ」の手数料10%と比較する声もありますが、「手数料50%でもお願いしたいと思ってた」という声もあるように、「売りたいけど出品が面倒」「時間がかかる」と感じていたユーザーからは期待する声が上がっています。

 現時点での対象エリアは「渋谷区・港区・目黒区・品川区・世田谷区・新宿区」と限られていますが、今後順次拡大予定とのことです。


トリクル 出品代行サービス 取りに来る 手間を負担してくれるため手数料は30%と高め(トリクル公式サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう