コラム
» 2018年05月13日 12時00分 公開

「やばい、あたし超カワイイ」 技術もスペックもないけどVTuberになれるのか? 「Hitogata」を試してみた (1/3)

これは「自分の分身」じゃない、「自分自身」だ。

[てんもんたまご,ねとらぼ]
右も左も分からない私は、果たして無料ソフトだけでVTuberデビューを果たすことができるのでしょうか?

 こんにちは! ライターのてんもんたまごです! 普段は静止画の朗読ラジオ「耳で楽しむ読書ラジオ」を投稿している私ですが、本音をいえば「バーチャルYouTuberが大活躍するこのご時世に静止画でいいのかな……」と思わずにはいられません。


バーチャルYouTuber(通称:VTuber)とは

主にYouTubeなどの動画投稿サイトで、架空の3DCGキャラクターを用いて動画配信をしている人・団体のこと。最近は2Dキャラクターを用いる人もいる。初出はVTuberの大御所「キズナアイ」の自己紹介動画(2016年12月1日投稿)で使われた造語。



 VTuberに挑戦してみたい人、私だけではないはずなんですよね。

  • 静止画じゃ味気ない! とか
  • 動画は撮りたいけど、顔出しはしたくない! とか
  • 美少女に生まれ変わりたい! とか

 そんないろんな悩みを解決してくれるアウトプット方法がバーチャルYouTuberという選択肢なんです。


VTuberになってみたい……けど

 でも実際に「いざはじめよう!」となったときに立ちはだかる大きすぎる壁が“技術力”。キャラクターとなる3DCGを作る時点でお手上げ! という人も多いですし、キャラクターデザインができても、どうやって動かすか、どうやって録画するかなどなど、「普段ネットサーフィンやメール、SNSでしかPCを使わない」人にとってはすごくハードルが高いんです。

 VTuberには高い技術力が必要。その半面で、技術ナシ! いきなり有料ソフトに手を出す勇気もナシ! ついでにPCのスペックもナシ! でもVTuberに興味はアリ! な人がじわじわ増えてきていることもまた事実。

 そんななかで、“誰でもVTuberになれる”ソフトが増えてきています。今回私が遊んでみた、「Hitogata」というソフトもその1つです。



 これは、制作者のMoggさん個人で制作し、無料配信されているソフトなのですが、その最大の特徴は「CGキャラクターを自分で作らなくていい」ことと「Webカメラでフェイストラッキングができる」こと。


フェイストラッキングとは

画像から顔を検出し、さらに口、眉、目の位置を検出して、アニメーションやCGに反映させる技術。VTuberでは、顔だけではなく全身の動きをアクターの映像からキャラクターに反映させている人も多い。



 実際にこのソフトを使ったVTuberも現れているらしく、私も「Hitogataで簡単にVTuberになれる!?」といううわさを聞きつけて、早速ダウンロードしてみました! 技術もないしお金もないしPCスペックもない! けどVTuberになれるのか? いざ、挑戦です!


まずはダウンロード

 まずは公式サイトでダウンロードをします。本体だけでなく必要なアプリも書いてありますが、自分のPCに入っているか分からないので取りあえず一式でダウンロード!



 通常、ソフトをダウンロードするとインストールが必要なのですが、このソフトはどうやらダウンロードして開けばそのまま使えるタイプのもののようです。

 早速起動! モデルをクリックするとなにやら画面にかわい子ちゃんが現れました。この子はこのソフトのオリジナルキャラクターなのかな?


真っ赤な髪がかわいい!

キャラクターを作ろう!

 よーし! 私もかわいい子をつくるぞー! ということで、まずはキャラクターメイキングに挑戦してみます。

 Hitogataでは顔、髪、服、と各パーツが用意されており、これを組み合わせることでキャラクターを作ることができます。もちろん、色も変えられます。彩度、明度などの言葉に慣れていないと取っつきにくいですが、いじっているうちに感覚をつかんでいきました。

 パーツ数はまだまだ多いとはいえませんが、細かい色の調整もできますし、自分なりのカワイイを追求することは現時点でも十分可能そうです。



 で、完成したのがこの子! てんもんたまごちゃん(仮)です。うんうん、私の好きな紫色も使えていい感じです。


赤いメガネがリアルてんもんたまごとおそろいの、元気でキュートな女の子
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.