ニュース
» 2018年05月13日 12時40分 公開

赤城乳業「ガツン、とみかん」“売れてないのに20周年”開催 「売上はガリガリくんのソーダの14分の1」

頑張れガツン君……。

[コンタケ,ねとらぼ]

 「ガリガリ君」などアイスクリーム製造の赤城乳業が販売する、「ガツン、とみかん」が販売20周年を迎えました。20周年といえば、人間なら成人になる歳。そんな記念すべき現在、公式Twitterで開催中のキャンペーンは「#売れてないのに20周年」でした。って、ええぇぇっ!?




ガツン、とみかん 赤城乳業 ガリガリ君 売れてないのに20周年 「ガツン、とみかん」公式Twitter。アンニュイな感じになっている

 「ガツン、とみかん」は、みかんキャンディーの中にそのままのみかん果肉を入れた、果肉感たっぷりのアイスキャンディー。「ガツン、とパイン」や「ガツン、ともも」「ガツン、とアロエ」といったバリエーションも販売しています。


ガツン、とみかん 赤城乳業 ガリガリ君 売れてないのに20周年 「ガツン、とみかん」パッケージ

 そんな「ガツン、とみかん」公式Twitterでは緩い漫画か掲載されており、「赤城乳業には『ガリガリ君』というスターがいます。そんな彼は、みんなに愛されています。ガリガリ君より売れていないボクの20周年なんて……(ずーん)」とのこと。悲しい……。


ガツン、とみかん 赤城乳業 ガリガリ君 売れてないのに20周年 そしてため息





 確かに赤城乳業といえば「ガリガリ君」ですが、「ガツン、とみかん」もそれなりの知名度を誇る商品のはず。まあ、キャンペーン開始当初、Twitterのフォロワーが800人ちょっとしかいなかったのは確かなのですが……。とはいえ、今回のキャンペーンがバズり、5月13日現在は5000人以上にまで増えています。

 今回の悲しみに満ちたキャンペーンにネット上では、「食べたことないから今度買ってみよう」「皆も食べて……」「私は好きでよく食べてる」「元気だして」「おいしいからもっと自信持って」など、励ましの声が多数届いていました。また、声優の杉田智和さんも、「ぶどうも好きだぜ」とリプライを送っています。



 なぜ20周年がこんな悲しいことになってしまったのか。本当に売れていないのか。赤城乳業に聞いてみたところ、「ガツン君」が直接答えてくれました。


ガツン、とみかん 赤城乳業 ガリガリ君 売れてないのに20周年 ガツン君

―― 売れなくても20周年を迎えられた今のお気持ちは。

ガツン君:不安でいっぱいです。”ガリガリ君○○周年”ってなったらすごいお祭り騒ぎですから。

―― 20周年で大きなキャンペーンを打つ予定などはありますか。

ガツン君:20周年記念商品やCM、夏のイベントなどたくさんあります。でもきっとガリガリ君ほど盛り上がりませんよ……。

―― なぜ売れていないのに20年間続けられたのでしょうか。

ガツン君:熱狂的なファンのみなさまのおかげです。自分で言うのもなんですが、愛されてます。

―― 売れない理由はどのように分析していますか。

ガツン君:ガリガリ君がすごすぎるんです。

―― ガリガリ君はライバルですか。

ガツン君:僕はライバルだと思っていますけどガリガリ君はボクのことはライバルと思っていないですよ……。

―― ガリガリ君みかん味のことはどう思いますか。

ガツン君:美味しい上に熊本県に売上の一部を寄付もしていて、本当にガリガリ君は味も人間性も完璧だなって……思います……。

―― ガリガリ君の方が何倍くらい売れているのか、大体の数字でも教えてもらうことはできますか。

ガツン君:14倍です……。(ガリガリ君ソーダとガツン、とみかん本数比較)




 14倍という数字には体がのけぞりそうになりましたが、確かにガリガリ君がすごすぎるという言葉の通りのようです。がんばれガツン君! きみはおいしいぞ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう