ニュース
» 2018年05月15日 06時30分 公開

モフモフな姿がかわいすぎる ビントロングの三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国で誕生

クマっぽいけどジャコウネコの仲間。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 モフモフでかわいい「ビントロング」の三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国(兵庫県神戸市)で誕生、6月9日から一般公開が始まります。


神戸どうぶつ王国 神戸どうぶつ王国 ビントロングの赤ちゃんたち

 ビントロングはインドネシア・インド北部・ネパールなどに分布するジャコウネコ科の希少動物。別名「クマネコ(熊猫)」とも呼ばれ、長いシッポが特徴です。

 赤ちゃんたちは父・ガンタンと母・ルナの間に4月6日に誕生。性別はオス2頭、メス1頭で、母乳を飲んですくすくと成長しているそうです(生まれた時の大きさ:頭胴長約25センチ/体重約400グラム、5月6日現在:頭胴長約32センチ/体重約900グラム)。


神戸どうぶつ王国 4月6日に生まれました

神戸どうぶつ王国 クリクリのオメメとモフモフの毛並みが

神戸どうぶつ王国 ぬいぐるみみたいにかわいい

 三つ子ちゃんは現在はバックヤードで母親と一緒に生活。6月9日からアジアの森で一般公開されます。同日にはお披露目会も予定されており、名前の募集も始まります(応募期間:6月9日〜7月1日、応募場所:アジアの森展示場横)。

 ビントロングは国内では10園館(日本動物園水族館協会加盟園)でしか飼育されてされておらず、赤ちゃんを見られるのは同園だけ。かわいい姿に会える貴重な機会になりそうです。


神戸どうぶつ王国 「はじめましてー」

神戸どうぶつ王国 「会いに来てねー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう