ニュース
» 2018年05月15日 13時48分 公開

カシオ、デジタルカメラの生産終了を発表

ユーザーからは惜しむ声が。

[ねとらぼ]

 カシオ計算機がデジタルカメラの生産を終了したことを発表しました。

 同社は1995年に世界初の液晶モニター付き民生用デジタルカメラ「QV-10」を発売。23年間にわたってコンパクトデジタルカメラを生産していました。修理などのアフターサービスはこれまで通り規定に基づいて対応するとしています。

 今後はこれまで培った映像・画像に関する技術と、独自技術を生かした新しいジャンルの製品を開発すると同社。5月9日の決算発表会でも、コンパクトデジタルカメラ市場の撤退を明らかにしていました。

 生産終了を告げるカシオ公式Twitterの投稿には、同社のデジカメのユーザーから惜しむ声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう