ニュース
» 2018年05月16日 11時35分 公開

第18回アジア競技大会eスポーツ種目が決定 「ウイイレ」「LoL」「クラロワ」など6タイトル

ほか、「Arena of Valor」「スター・クラフト2」「ハースストーン」が採用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 8月18日からインドネシアで開催される第18回アジア競技大会では、eスポーツが公開競技として行われます。これについて、アジアeスポーツ連盟(AESF)が競技に採用された6タイトルを発表。日本のゲームからは「ウイニングイレブン 2018」(ウイイレ、英名は「Pro Evolution Soccer 2018」)が選ばれています。


競技タイトル 団体部門と個人部門、それぞれ3タイトル

 同大会は「アジア版オリンピック」とも呼ばれる総合競技大会。eスポーツは2022年の杭州大会で公式種目になることが決定しており(関連記事)、今回はそれに向けたデモンストレーション競技として行われます。

 団体部門はウイイレのほか、「リーグ・オブ・レジェンド」(LoL)と「Arena of Valor」が選出。個人部門では「スタークラフト2」「ハースストーン」「クラッシュロワイヤル」(クラロワ)が採用されています。

 5月31日まで、選手のエントリーを受け付け。6月10日から20日まで、東アジア・南アジア・中央アジア・西アジア・東南アジアの各地域で予選大会が行われます。


公式サイト


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう