ニュース
» 2018年05月19日 15時00分 公開

世界最小クラスのお猿さん「ピグミーマーモセット」 食事風景がかわいくてたまらない

ブドウを食べる姿すらいとおしい。

[かのん,ねとらぼ]

 オーストラリアの動物園「シンビオ・ワイルド・ライフパーク」がとっても小さなお猿さん・ピグミーマーモセットのかわいい姿を公式Facebookで公開しています。ちっさい! かわいい!



 ピグミーマーモセットは体長11〜15センチしかない、とってもとっても小さなお猿さんです。わらわらわらっと集まっている姿はまるでぬいぐるみのようです。


サル ちまちまっとしていて、かわいい!

 そんな彼らがブドウを食べているところを撮影しているのですが、小さい彼らがブドウを持つと、1粒がすごく大きく見えます。その大きなブドウを小さい前足でガシっと握って、小さいお口で一生懸命食べている様子は、かわいい! の一言に尽きます。


サル もぐもぐ(かわいい!)

 きっとブドウが甘くておいしかったのでしょうね、小さな牙で上手に皮ごともぐもぐと熱心に食べています。


サル ガブリ

 その他にも歩く姿、キョロキョロと首を動かすしぐさ、ジャンプするところなどなど、動画にはピグミーマーモセットのキュートな魅力がたくさん詰まっています。彼らは世界最小クラスの小ささで、世界最大クラスのかわいさを持っていると言っても過言ではないのではないでしょうか!?


サル つぶらな瞳もキュート!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう