ニュース
» 2018年05月19日 11時41分 公開

『愛と誠』原画流出問題についてながやす巧さんの妻がメッセージ掲載 本人は心労で体調悪化

「作品は、巧の私の大切な子供」

[ねとらぼ]

 漫画『愛と誠』(原作:梶原一騎 漫画:ながやす巧)の原画がまんだらけオークションに出品されていた問題について、ながやす巧さんの妻である永安福子さんからのコメントが、漫画『壬生義士伝』のサイト上に掲載されました。この原画は盗難された可能性もあるとみられており、講談社は購入しないでほしいとする声明文を掲載していました



 福子さんの声明文は、巧さん本人が心労で体調が悪化したため、代わりに『愛と誠』連載当時の状況と現在の心境を述べたもの。連載当時、ながやす巧さんの睡眠時間は1日2時間ほどの忙しさだったため、「死んだように眠る姿を見ていたら、2時間で起こすことなんてできなかった」「寝顔を見ながら泣いた」と当時のことを振り返っています。また4年続いた連載を終え、最終回を描きあげたときは別人のように痩せてしまっていたそうです。

 現在、連載時の原画はながやす巧さん自身が管理していますが、「そうして生まれた作品は、巧と私の大切な子供です。一作一作心を込めて描きあげました。 そんな大切な原稿を、自ら手離したことなど一度もありません」と語ります。400万円という金額で落札された原画については、「巧は一人で作品を描くために時間も費用もかかります。 収入のすべてを作品づくりにかけてきたので、財産などありません」「悲しくて胸がつぶれそうです。 オークションが終わったあと、巧も私も毎日落ち込んでいます」と心境を吐露しました。



 講談社からの呼びかけもありましたが、落札されてしまった今回の原画。永安さんは「何とかならないかと、精一杯手を尽くして下さった関係者の皆さんには、心から感謝しています。 読者の皆様のあつい応援も、とても嬉しかったです。皆様に心よりお礼を申しあげます」と感謝の気持ちを述べ、メッセージを締めくくっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう