ニュース
» 2018年05月20日 11時30分 公開

「さすがに足が震えています」 是枝監督作「万引き家族」、カンヌ映画祭最高賞パルムドール受賞

日本映画が同賞を受賞するのは21年ぶり。

[のとほのか,ねとらぼ]

 映画「そして父になる」や「海街diary」などで知られる是枝裕和監督の最新作「万引き家族」(6月8日公開)が、5月20日(現地時間5月19日)にフランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭の授賞式で最高賞のパルムドールを受賞しました。

是枝裕和 万引き家族 カンヌ国際映画祭 パルムドール 是枝監督

 さまざまな“家族のかたち”を描いてきた是枝監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る同作は、犯罪で生計を立てながら暮らす貧しい家族の物語。「海街diary」以来3年ぶり、5回目のコンペティション部門に正式出品され、14日に行われた公式上映では約9分間に渡ってスタンディングオベーションが起こり、受賞への期待が高まっていました。

 1997年公開の今村昌平監督作「うなぎ」以来21年ぶりとなった日本映画のパルムドール受賞に「さすがに足が震えています。この場に居られることが本当に幸せです」と感無量の様子でスピーチした是枝監督。続けて、「今回みなさんにいただいた勇気と希望をまず一足早く戻ったスタッフとキャストに分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかったふたりの監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画をつくり、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいと思います」と語りました。

是枝裕和 万引き家族 カンヌ国際映画祭 パルムドール 「さすがに足が震えています」と監督

是枝裕和 万引き家族 カンヌ国際映画祭 パルムドール 審査員団のケイト・ブランシェットらと

(C)2018『万引き家族』 製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう