ニュース
» 2018年05月21日 17時36分 公開

「ZOZOTOWN」の運営元スタートトゥデイが社名を「ZOZO」へ 同名サービスのグローバル展開に向け

プライベートブランド「ZOZO」のサービス名と統一します。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは5月21日、社名を「ZOZO」に変更すると発表。6月26日の定時株主総会での承認をもって決定します。これに併せて、子会社であるスタートトゥデイテクノロジーズも「ZOZOテクノロジーズ」へと変更される予定です。


スタートトゥデイ ZOZOTOWN 社名変更 ZOZO スタートトゥデイのロゴ

 同社は、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」(関連記事)による体型計測データを活用したプライベートブランド「ZOZO」のサービスを1月31日から開始。ファッションにおける「サイズの問題」を世界レベルで解消しうるという確信から、今後同サービスのグローバル展開を進めていくとしています。



 ちなみに5月18日〜5月19日に全国の男女1051人(15歳〜49歳)の対象者に向けて行った認知度調査では、「ZOZOTOWN」の認知度は93.1%と高いのに対し、「スタートトゥデイ」の認知度は19.6%だったとのこと。

 変更予定日は10月1日で、社名変更における新会社ロゴなど、その他の詳細は株主総会決議後に発表される予定です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう