コラム
» 2018年05月22日 10時00分 公開

【考察】スキーのジャンプ台、エグい角度にすればめっちゃ飛べるのか?

風に乗って飛びたい。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 問題です。次の図はスキージャンプのジャンプ台を横から見た図を表しています。「?」に入る「ジャンプ位置」を表す形は(1)〜(3)のどれでしょう?

答え合わせ

 スキージャンプといえば、どうしても(3)のような台からこんな軌道を描いて飛ぶイメージがある。

つい思いがちなスキージャンプのイメージ

 ところがどっこい、問題の正解は(1)、ジャンパーは下向きに飛び出すのだ。細かい規格はジャンプ台ごとに異なるが、札幌オリンピックで使われた大倉山ジャンプ台では、最大斜度35度の斜面で勢いをつけ、下向き11度で飛び出すように設計されている。

 こんな角度で100m以上も飛ぶとはちょっと信じがたい。上の図みたいに上向きに飛び出したらダメなのか? むしろそちらのほうが飛べるのでは?

上向きだとどうなる?

 直感だと上向きのほうが距離が出そうな気がするが、実はそうではない。しかもわれわれはその現象を見たことがある。

 板に勢いがついた状態で上向きに飛び出すと、板の慣性で身体が後ろに回ってしまうのだ。これでは当然、うまく飛ぶことはできない。

 これは、モーグルのコースにあるジャンプ台をイメージすると分かりやすい。モーグル競技のジャンプでは、多くの選手が後ろ向きに一回転している。

上向きだと姿勢が崩れる

 これを避けるため、スキージャンプは下向きに飛び出す。だから、普通に飛ぶだけでは当然すぐに着地してしまう。飛び出しと共に姿勢を作り、風の流れに乗って着地を遅らせるのが、この競技で長距離を飛ぶ上でのポイントなのだ。

正しいスキージャンプの軌道

 調べてみると、スキージャンプには90年弱の歴史があり、当初は文字通り「ジャンプ」して腕をグルグル回しながら飛んでいたらしい。当時の飛距離はせいぜい2〜30mだったという。

 それから、より長距離を飛べるようにスキー板、ユニフォーム、姿勢などが改良され、今の「風に乗って飛ぶスキージャンプ」に変化してきた。90年前の人が現代のスキージャンプを見たら全く別の競技に見えるはずだ。

 なお、スキージャンプという競技がなぜ生まれたのかは定かでないらしい。「あんな高いところから滑り降りるの絶対怖いと思うんだけど……」と「なぜフグを食べたのか」に似た疑問を抱く。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう