ニュース
» 2018年05月22日 15時04分 公開

2019年茨城国体でeスポーツ大会が併催 主な種目は「ウイニングイレブン」

eスポーツの認知拡大を図るため、他のタイトルも検討中とのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2019年秋の「いきいき茨城ゆめ国体」に合わせて、「都道府県対抗eスポーツ大会」が文化プログラムとして開催されることになりました。主催は同国体の運営やゲームメーカーなどから構成される「“eスポーツ in IBARAKI”実行委員会(仮称)」で、日本eスポーツ連合(JeSU)が共催として参加しています。


茨城国体 茨城国体運営の発表。右下のキャラクターは国体マスコットの「いばラッキー」

JeSU JeSUの発表

 eスポーツ大会を都道府県対抗で実施する、国内初の試み。2019年春から各都道府県で予選会を行い、同年秋に茨城県で決勝大会を行う予定です。競技種目はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズが確定。eスポーツの認知拡大を図り、他のタイトルの採用も検討しているそうです。


ウイイレ 「ウイニングイレブン」公式サイト。2018年8月30日に新作が発売される予定

 これに先がけ、2018年9月にはプレ大会が、同国体の開催1年前イベントとして開催。茨城県内から参加者を募り、つくば国際会議場で行うとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう