ニュース
» 2018年05月25日 11時20分 公開

効能「小説の世界に入り込めます」 本を薬袋に入れて売る学芸大生協の“本の処方箋”がステキ

用法用量お守りください。

[Kikka,ねとらぼ]

 東京学芸大学の生協で販売されている“本の処方箋”がステキな本の売り方だと話題になっています。本を薬袋に入れて売るなんて、ロマンチック……!

 話題になっているのは東京学芸大学大学院教育学研究科のMarinaTanaka(@marina_mimicry)が投稿したツイート。「学芸大学の本屋では、本が内服薬として売られています」と、生協で販売されている本が“内服薬”風の袋に入れられている様子が投稿されています。


東京学芸大学 本 本の処方箋 話題になっている「本の処方箋」

 パッケージには「用法:1日○回✕日分」という文言や本によって違う「効能」、一言コメントなどが書かれており、「中身がわからないのが楽しい」という意見の他、「この販売方法はいいアイデア!」「これこそ内服薬 よみクスリ」とアイデアを称賛する声があがっています。


東京学芸大学 本 本の処方箋 棚にずらりと並ぶ“本の処方箋”

 “本の処方箋”は、大学在学中の読書100冊読破を目指す「読書マラソン」を推進するリブラ(東京学芸大学読書マラソン委員会)が行っている活動の一環とのこと。棚自体は6月5日に入れ替わってしまうそうですが、学校関係者以外の一般の方でも購入できるそうなので、気になる人は見に行ってみると良さそうです。


東京学芸大学 本 本の処方箋

画像提供:MarinaTanaka(@marina_mimicry)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう