ニュース
» 2018年05月26日 12時15分 公開

『別冊花とゆめ』40年の歴史に幕、『ガラスの仮面』『パタリロ!』などを掲載 新Webコミック誌『花ゆめAi』今秋創刊予定

寂しい。

[ねとらぼ]

 少女漫画誌『別冊花とゆめ』が5月26日発売の7月号で休刊になりました。日本雑誌協会によると、同誌の発行部数は2017年末時点で3万2233部でした。


 『別冊花とゆめ』は1977年に創刊。『ガラスの仮面』『パタリロ!』『ぼく地球』次世代編シリーズなど数々の名作を掲載してきました。

 同誌編集部は7月号に掲載された告知文で「突然のお知らせになりましたことをお詫びいたします」としつつ、「40年もの間、別花誌上において素晴らしい作品の数々をご執筆いただきました先生方、そしてなにより、別花作品を愛し、応援してくださった読者の皆様に心より感謝申し上げます」と感謝の言葉を伝えています。

『別冊花とゆめ』40年の歴史に幕、『ガラスの仮面』『パタリロ!』などを掲載 新Webコミック誌『花ゆめAi』今秋創刊予定

 気になる掲載作品の今後ですが、『ぼくは地球と歌う』は8月28日発売の『メロディ』10月号で移籍連載開始。『百花万華鏡』『ワンダーハニー』『極刑学園』『ももももっと!』『放課後せんせいと。』『世界は今日もまわってる』『おちくぼ』『ツーリング・エクスプレスEuro』は白泉社の漫画アプリ「マンガPark」に移籍。

 「マンガPark」への移籍作品は過去話数が既にアプリ上で公開されており、6月26日に『別冊花とゆめ』7月号掲載話数と最新話が同時公開される予定です。なお、『ツーリング・エクスプレスEuro』は6月26日に最終話を掲載後、Webコミック誌『花丸漫画』で『ツーリングEXP.』新シリーズを連載開始予定。

 また同社は秋に新たなWebコミック誌『花ゆめAi』を創刊予定。山田南平さん、高尾滋さん、都戸利津さん、久世番子さんの新連載が予定されているほか、『吸血鬼と愉快な仲間たち』が2019年春に同誌にて連載再開する予定です。

 なお『ガラスの仮面』の今後の掲載予定については発表されていません。ただし、その他の掲載予定については今後決定次第、同社公式サイトやTwitterなどで知らせていくとのことなので、続報に期待しましょう。

追記(15時25分)

 『ガラスの仮面』作者の美内すずえさんが連載を継続する意向であると自身のTwitterで明かしました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう