ニュース
» 2018年05月26日 17時45分 公開

三菱鉛筆のカラーシャープ芯「消せるミントブルー」製造終了のツイートに反響 「うそだろ…」「これ無いとマンガ描けない」

後継商品が以前から発売されています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 三菱鉛筆の消しゴムで消せるカラーシャープ芯「消せるミントブルー芯 0.5mm」が製造終了したというツイートが話題になっています。投稿したコミック用品の通販サイト「Eトーン」によると在庫限りで廃番になるとのこと。




 以前にも生産終了という情報が出てTwitterなどで話題になった同カラー芯。いろいろな色がある中で、このミントブルーはアナログ派の絵描きさんが下書き用として使うなど、その消せる特徴も相まって一部のユーザーから支持を得ています。


三菱鉛筆 消せるミントブルー 製造終了 廃盤 後継 カラー シャープ芯 「三菱鉛筆 シャープペン芯 ユニカラー 0.5 ミントブルー」(Amazonより)

三菱鉛筆 消せるミントブルー 製造終了 廃盤 後継 カラー シャープ芯 「下描き用に重宝します」という説明書きが(通販サイト「Eトーン」より)

 そういった背景もあり、コメントでは「めちゃくちゃ使ってるのに」「うそだろ…」「うわああああああ」と衝撃を受ける人の声が多く上がり話題に。中には「これ無いとマンガ描けない…」と落ち込む声もみられます。






 すでに三菱鉛筆の公式サイトの商品情報ページとWebカタログからも姿を消していることから、同一商品はどこも在庫限りとなっていることが予想されますが、以前から後継商品である「ユニ ナノダイヤ カラー芯 0.5mm/0.7mm」が発売中で、同じく「ミントブルー」もラインアップされています。説明によると、同社旧品のカラーシャープ芯と比べて消しゴムでキレイに消え、さらに先端強度が約40%アップし折れにくくなっているとのことです。


三菱鉛筆 消せるミントブルー 製造終了 廃盤 後継 カラー シャープ芯 「ユニ ナノダイヤ カラー芯 0.5mm」(三菱鉛筆公式サイトより)

三菱鉛筆 消せるミントブルー 製造終了 廃盤 後継 カラー シャープ芯 「ユニ ナノダイヤ カラー芯 0.7mm」(三菱鉛筆公式サイトより)

 Twitterでは後継商品が発売されていることに「よかった…」と安心する声が上がっていますが、一方で愛用者から「寂しい」といった声や、すでに両方試した人から「描き心地がちがう」といった声も一部ですがみられ、ショックを受ける人も少なくないようです。

 なお、製造終了の反響からかは不明ですが、Amazonでは旧「消せるミントブルー芯 0.5mm」がシャープペン芯ランキングで1位となっています(5月26日現在)。






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう