ニュース
» 2018年05月27日 11時30分 公開

個人のネット利用機器で初めてスマホの割合がPCを上回る 総務省「通信利用動向調査」の結果

ただし60歳以上はPCがスマホを上回っています。

[コンタケ,ねとらぼ]

 総務省が、2017年9月末の世帯と企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した、通信利用動向調査の結果を取りまとめ公開しました。同調査によると初めて、スマートフォンを保有している世帯の割合が、PCを保有している世帯の割合を上回ったとのこと。


総務省 スマートフォン PC 通信利用動向調査 画像は総務省公式サイトから

 この調査では、平成22年(2010年)からスマートフォンとタブレット型端末の保有状況の調査を始めています。2010年時点ではどちらも保有率が10%未満でしたが、平成29年(2017年)にはスマートフォンが75.1%、タブレット型端末が36.4%とどちらも調査開始時から右肩上がりを続けています。



 一方、PCは平成20年(2008年)時点では約91%という高い保有率でしたが、その後ある程度上下しながらも緩やかに減少傾向。2017年には72.5%となり、スマートフォンよりも保有率が低い状況となりました。また、固定電話もほぼPCと同じ保有率を保ち続けており、同じく2017年にスマートフォンに抜かれています。

 個人のインターネット利用機器の調査では、スマートフォンが54.2%、PCが48.7%と、やはりスマートフォンがやや多いという結果に。ただし、年齢層別のインターネット利用機器の調査では、60歳以上になるとスマートフォンよりもPCでの利用が多数となっています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう