ニュース
» 2018年05月28日 13時20分 公開

赤ちゃんが食パンに寝そべって目玉焼きにくるまる ボツ商品「食パンベビーベッド」に「ほしい」の声多数

今ならいけそうな気も……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 食パンをかたどったベビーベッドを、ソファメーカーのセルタンがTwitterで披露しました。ふかふかの食パンの上で赤ちゃんがすやすや――そんなほっこりする光景が浮かぶのですが、残念ながら5〜6年前にボツになった試作品なのだそうです。


食パンベビーベッド 同社の卵黄型クッション(こちらも未発売)と、目玉焼き型ブランケットとの組み合わせでラピュタパンのように

 食パン愛あふれる商品開発者でもある公式Twitter担当者が、傑作と自賛する一品。2枚の山型食パンをクッションで囲ったような形をしており、2つ折りにすればソファーにもなります。これは赤ちゃんの成長に合わせて使い方を変えられるという配慮だったのですが、それでもベビーベッドは使用できる期間が短いということで、不採用となったそうです。


食パンベビーベッド 食パン部分と外枠は、それぞれ折りたためます

食パンベビーベッド 赤ちゃんが大きくなり、ベビーベッドがいらなくなってからもソファーとして使えます


 「そろそろ時代が追いついてきてもいいはず」とするツイートに、「ほしい」「かわいい」の声が多数。外枠だけ折りたためるので、「オムツ替えもしやすそう」「添い寝もできる」と、実用性に気付いた人の声も見られます。


食パンベビーベッド 外枠だけたたむと、大人も一緒に寝られます

 ボツになったのが惜しまれるベッドですが、一緒に写っていた目玉焼き型ブランケットは正式に発売中。また、「むしろ大人用がほしい」との声に応えて、公式Twitterは食パンソファベッドを紹介しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう