ニュース
» 2018年05月29日 08時00分 公開

東京メトロ13駅の「構内Googleストリートビュー」公開! これで乗り換えの予習ができるぞ

駅好きにもたまらないね!

[林美由紀,ねとらぼ]

 東京メトロ13駅の駅構内のGoogleストリートビューが2018年5月28日に公開されました。


上野駅 上野駅の改札はこんな感じ(東京メトロ上野駅(銀座線・日比谷線))

 今回公開された駅は、赤坂駅、赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線)、浅草駅、上野駅(銀座線・日比谷線)、外苑前駅、麹町駅、新橋駅、辰巳駅、溜池山王駅(銀座線・南北線)、東京駅、虎ノ門駅、西新宿駅、六本木駅のコンコースやホーム。これ以外にも、撮影が完了した駅からGoogleストリートビューが順次公開されていく予定です。

 利用は簡単。Googleマップ内で駅名を検索するか、ストリートビューギャラリー「日本の空港・駅」で駅を選べばアクセスできます。

 また、東京メトロアプリの「メトロラボ」内へGoogleストリートビューを利用した機能も追加する計画です。6月中旬から実証実験として上野駅、浅草駅、東京駅、六本木駅の4駅で開始。実証実験は9月末まで行う予定です。


浅草駅 ホームだってストビューで(東京メトロ浅草駅)

 駅のコンコースやホームの様子を確認できるストリートビューによって、例えば、初めて行く駅を事前に予習できるようになるのが便利そうです。都内の駅は超複雑な「ダンジョン」(関連記事)も多いので、迷うかもしれないと心配な人も安心。待ち合わせにも「〇〇の案内表示の前で」「前から何本目の柱の前で」といったように、ピンポイントな指定と確認がしやすくなります。もちろん、駅好きの人は眺めるだけでも楽しいはず! ちなみに、ダンジョンとして名高いJR東日本の東京駅、新宿駅なども構内の様子をGoogleストリートビューでチェックできるようになっています(関連記事)


赤坂見附駅 乗り換えの階段や出口の確認もできる(東京メトロ赤坂見附駅(銀座線・丸ノ内線))


東京駅 柱の位置だって分かる(東京メトロ東京駅)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう