ニュース
» 2018年05月29日 17時41分 公開

VRゴーグルとグローブをつけてロボットを遠隔操作、KDDIが量産型プロトタイプ発表

ロボットの遠隔操作体験を体験できるイベントも予定。

[ねとらぼ]

 KDDIは、同社が出資するTelexistenceが、遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を開発したと発表しました。

MODEL H ロボットを遠隔操作

 テレイグジスタンス(遠隔存在)技術、VR、通信、クラウドを活用したロボットで、利用者はVRゴーグルとグローブを装着して遠くにいるロボットを操作可能。制御コンピュータ、赤外線3D位置測定、VR、触覚機器が持ち運びできるケースに内蔵されたコンパクトなシステムになっています。

MODEL H MODEL H
MODEL H ケースにコンピュータなどを内蔵

 ロボットはホイールによる移動機能を備え、遠隔地を動き回る体験ができます。視聴覚情報や触覚情報はインターネットを使用し低遅延で伝送するとのこと。

 夏にはロボットの遠隔操作体験を体験できるイベントを予定。東京都小笠原諸島のロボット旅行体験「TELEXISTENCE TRAVEL」を検討しているとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう