ニュース
» 2018年06月01日 15時25分 公開

アタリの新ゲーム機「Atari VCS」クラウドファンディング開始 クラシックゲーム100以上を内蔵、新作も

開始から1日程度で、約2億4000万円の資金を調達。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 米アタリが新ハード「Atari VCS」のクラウドファンディングを、Indiegogoで開始しました。入手に必要な支援額は本体のみで199ドル(約2万2000円)、ジョイスティック付きセットで229ドル(約2万5000円)から。既に目標額の2200%以上にも及ぶ、220万ドル(約2億4000万円)以上の出資が集まっています。


Atari VCS Atari VCS

 Linuxベースの独自OSで動く家庭用ゲーム機。「アステロイド」や「センチピード」、「ミサイルコマンド」など、かつて同社が業務用および家庭用ゲーム機「Atari 2600」用に提供したクラシックゲームが、100本以上プレインストールされています。かといって単なる復刻版ハードではなく、位置付けはあくまでも新型。マルチプレイやスコアランキングといった、ネットワーク機能も利用できます。ゲームは公式ストアから追加できるほか、自作も可能とのことです。


センチピード センチピード

ミサイルコマンド ミサイルコマンド

ライブラリ 膨大なライブラリから自由に選んで遊べる(画像は開発中のもので、ライブラリの内容は変更の可能性があります)

アーケード アーケード筐体のビューワーも

 CPUはAMDのA10、GPUはRadeon R7、メインメモリは4GB、ストレージは32GB eMMC。USBによるストレージ拡張やHDMI出力、Wi-FiやBluetooth、マイクにも対応しています。「TEMPEST 4000」をはじめとする新作ゲームや、音楽や動画の配信も予定されています。


TEMPEST 4000 「TEMPEST 4000」をはじめに、いくつかのデベロッパーが新作を開発中とのこと

コンセプト SNSや動画サービスともつながる、セットトップボックスとしての機能も

 セットに付属するコントローラーは、ジョイスティック1本・1ボタン構成の「Classic Joystick」(単体29ドル、約3200円)。Atari 2600用をイメージしつつ、LEDを配するなど現代風にアレンジされています。一般的なツインスティックのゲームパッドも、49ドル(約5300円)で入手可能。こちらはPCやAndroidでも使えます。


クラシック 中央にジョイスティックが配された、クラシックスタイルのコントローラー

クラシック LEDによる演出がなされている

パッド ゲームパッドのスティック配置はXbox用と同系統

 ラインアップには、木目調パネル仕様の本体とClassic Joystickを同梱した「Collector's Edition」も(299ドル、約3万3000円)。出資者への発送は2019年7月を予定しています。


コレクターズ サイドボードなどとマッチする「Collector's Edition」版


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう