ニュース
» 2018年06月02日 18時00分 公開

雨宿りするも首だけ「にょきっ」 傘から長い首がはみ出ているキリンさんがずぶぬれ

大きな傘もあるのになぜか小さな傘を使うキリンさん。

[錆,ねとらぼ]

 キリンが雨宿りをするも長い首がはみ出てしまっている様子が、広島市安佐動物公園で撮影されました。じわじわくる写真です。



 動物公園でキリンが3頭雨宿り中。その内1頭はまだ体の小さな2歳のアキコちゃんで、雨宿り用に設置された傘にすっぽりと入っています。2頭のお姉さんキリンたちは傘から首が豪快にはみ出ており、雨宿りできていません。頭、ずぶぬれですよ!


広島市安佐動物公園 雨宿りできているアキコちゃん(2歳)

 飼育員さんによるとキリン用の大きな傘も設置されており、通常キリンたちは大きな傘で雨宿りをしますが、なぜかしばしば小さな傘を使うんだとか。大きい方、使おうよ……。


広島市安佐動物公園 雨宿りできていないお姉さんキリンたち

 小さな傘は以前飼育していたエランド(オオカモシカ)用として設置され、現在はキリンと一緒に飼育されているダチョウ用に。しかしダチョウは雨が大好きで雨宿りしないため、どちらもキリンたちが使っているとのことです。


広島市安佐動物公園 大きな傘はお姉さんたちもすっぽりサイズ

 広島市安佐動物公園にいるキリンはアキコちゃんを含め、みんなアミメキリンという種類。サバンナ・アフリカゾーンで会えます。晴れの日とは動物の行動が違うので、雨の日の動物観察も面白いかもしれません。

画像提供:広島市安佐動物公園



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう