ニュース
» 2018年06月04日 08時00分 公開

Eテレ「びじゅチューン!」のカプセルトイ 太陽の塔や麗子、宮本武蔵などがフィギュアに

発売時には東京国立博物館で「びじゅチューン!」関連の展覧会も開催予定。

[林美由紀,ねとらぼ]

 Eテレの「びじゅチューン! 」で紹介されたびじゅつ品を立体化したカプセルトイ「せかいのびじゅつ品コレクション 3時間目」が7月下旬に発売されます。価格は200円(税込)です。

 「びじゅチューン! 」は、毎週水曜日19時50分から放送で、世界的な美術品を題材にオリジナルの歌とアニメで紹介する番組。映像作家の井上涼さんが作詞、作曲、アニメ、歌のすべてを手がけています。難しい説明は一切なく、ポップな絵や奇想天外な歌詞に子どもから大人まで、ハマる人が増えています。

 「びじゅつチューン!」カプセルトイシリーズは2016年に第1弾が発売されており、第3弾となる今回は、番組内で紹介した「保健室に太陽の塔」の太陽の塔と学生、「祖母のコロッセオハット」のふみちゃん、「崖のぼり、のちキス」の接吻する2人、「夢パフューマ―麗子」の麗子、「武蔵の遅刻理由」の武蔵の5種類。


太陽の塔 「保健室に太陽の塔」より“太陽の塔と学生” 協力:岡本太郎記念現代芸術振興財団


コロッセオ 「祖母のコロッセオハット」から“ふみちゃん”


接吻 「崖のぼり、のちキス」から“接吻する二人”


麗子微笑 「夢パフューマ―麗子」から“麗子” 


宮本武蔵 「武蔵の遅刻理由」から“武蔵”

 カプセルトイが発売される7月には、東京国立博物館で「びじゅチューン!」関連の展覧会も開催予定です。

 ちなみに、それぞれ題材にされている作品は、「保健室に太陽の塔」は今年48年ぶりの内部公開が行われている岡本太郎氏制作の太陽の塔、「祖母のコロッセオハット」は古代ローマ遺跡のコロッセオ、「崖のぼり、のちキス」はオーストリアの画家グスタフ・クリムトの「接吻」、「夢パフューマ―麗子」は大正から昭和初期の洋画家岸田劉生の「麗子微笑」、「武蔵の遅刻理由」は江戸時代の浮世絵師である歌川国芳の「宮本武蔵の鯨退治」となっています。

(C)NHK・井上涼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう