ニュース
» 2018年06月05日 19時20分 公開

「ワロスwwwBOT」騒動の再来か 企業運営とみられる大量のパクツイアカウントが発見され物議

“運営元”と疑われている会社にも取材しました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 まとめサイト「ねたーる」への誘導リンクを貼る、大量の“パクツイアカウント”が発見され、問題視する声が広がっています。一連の状況から企業運営である可能性が高く、営利目的の「パクツイ(他人の人気ツイートを自分のものとして投稿すること)」に批判が集まっています。


ねたーる パクツイアカウント ねたーる(画像加工は編集部によるもの)

 問題になっている“パクツイアカウント”はいずれも、過去にTwitter上で話題になった画像やツイートをコピーしては投稿しており、ツイートが話題になったらそこに「ねたーる」の記事リンクをぶら下げる、といった挙動が特徴となっています。

 名前やプロフィールなどに一貫性はなく、一見普通のアカウントに見えますが、投稿内容はパクツイか「ねたーる」への誘導が大半。筆者がざっと調べただけでも20近いアカウントを確認することができました。


ねたーる パクツイアカウント パクツイの一例。バズったツイートの直下に「ねたーる」への記事リンクがぶら下げられている(画像加工は編集部によるもの)

ねたーる パクツイアカウント こちらは画像ネタ(画像加工は編集部によるもの)

 パクツイとはいえ、ツイートは数千〜数万単位でリツイートされることも珍しくありません。運営目的については「パクツイアカウントからねたーるにアクセスを送り、広告収入を得ているのではないか」と推測する声も。一部では「ねたーる」のサイト情報などから、運営企業を特定しようとするユーザーもみられました。


ねたーる パクツイアカウント 「ねたーる」の記事をツイートしているアカウント群。一部を除き、大半がパクツイアカウント

 パクツイも問題ですが、「ねたーる」自体もまた、他サイトやSNSからの転載が非常に多く(ねとらぼ記事からの全文転載も確認)、もし企業がこれらを運営しているのであれば大きな問題です。ただ、Twitter上で「運営元」と推測されている企業に問い合わせてみましたが、同社はクライアントから依頼を受けてサイト制作を担当しただけで、実際の運営には関わっていないとのこと。それ以上の詳細については残念ながら回答を得ることができませんでした。


ねたーる パクツイアカウント ねたーるに掲載されていた記事の1つ。ねとらぼの記事「東芝『サザエさん』スポンサー降板へ? 一部で報道、東芝広報は否定」から本文、画像を完全にコピー(ねたーるより/画像加工は編集部によるもの)

「ワロスwwwBOT」炎上騒動と手口は同じか

 企業によるパクツイアカウント運営と言えば、2013年に「ワロスwwwBOT」が炎上しアカウント凍結に追い込まれたこともありました(関連記事)。「ワロスwwwBOT」は当時約67万人フォロワーを誇る人気アカウントでしたが、ある広告会社が公開した資料から、実は企業が広告媒体として利用していたことが発覚し炎上。このときも編集部は広告会社に取材していましたが、アカウントは別の企業が運営しており、運営元については明かせないとの回答でした。

 大量のBOTを運営し、サイトにアクセスを送る手法はTwitterでは以前からありましたが、今回のように「パクツイ+バズったツイートにぶら下げ」という手法は比較的新しいものとみられています。


ねたーる パクツイアカウント 度重なるパクツイと、企業による広告利用が発覚し炎上していた「ワロスwwwBOT」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう