ニュース
» 2018年06月04日 21時25分 公開

「相変わらずの透明感」 仙道敦子、ドラマ「この世界の片隅に」で20年以上ぶりの女優復帰におじさんワクワク

かわいいすずの母。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 1980年代のテレビドラマ「セーラー服反逆同盟」などで知られる女優の仙道敦子さんが、7月スタートの連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で20年以上ぶりに女優復帰を果たすことが発表され、変わらない透明感にネット上では喜びと驚きの声が多数あがっています。

仙道敦子 この世界の片隅に 女優 復帰 セーラー服反逆同盟 連続ドラマ「この世界の片隅に」追加キャスト。上段左から二階堂ふみ、宮本信子、村上虹郎。下段左から木野花、仙道敦子、塩見三省、ドロンズ石本(敬称略)

 現在48歳の仙道さんは、1980年代にデビュー。中山美穂さんや森口博子さんらも出演した「セーラー服反逆同盟」の他、映画「鬼龍院花子の生涯」「白蛇抄」などで存在感ある演技を見せ人気を博しましたが、1993年に俳優の緒形直人さんと結婚。同年放送の連続ドラマ「徹底的に愛は…」では共演した吉田栄作さんとのデュオ「NOA」としてドラマ主題歌「今を抱きしめて」を歌うなど歌手としても知られますが、それ以降は芸能活動はほとんど見られなくなっていました。

仙道敦子 この世界の片隅に 女優 復帰 セーラー服反逆同盟 セーラー服反逆同盟では序盤から中盤に掛けての中心人物となった高坂ユミ(画面右下)を演じた仙道さん(画像はAmazonから)

仙道敦子 この世界の片隅に 女優 復帰 セーラー服反逆同盟 同じ80年代アイドルとして活躍した中村由真さんのブログでは仙道さんも登場していました(画像は中村由真オフィシャルブログから)

 こうの史代さんの同名マンガを原作とした「この世界の片隅に」は、2016年に女優ののんさんがすずの声優を担当した劇場版アニメが公開されロングヒットを記録。連続ドラマでは松本穂香さんと松坂桃李さんがヒロイン・すずとその夫・周作を演じ、仙道さんはすずの母・浦野キセノ役で出演します。

 仙道さんの出演と併せ、二階堂ふみさんや村上虹郎さん、塩見三省さんらの出演も発表されましたが、連続ドラマ出演は「徹底的に愛は…」以来、単発ドラマでは1995年の「テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編」(TBS系)以来となる仙道さんの女優復帰は「仙道敦子の変わらなさにビビる」「相変わらずの透明感」など注目を集めています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう